起用が早すぎた!? 中村義洋監督、堺雅人、鈴木福らの大ブレイクにボヤキ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月21日 > 起用が早すぎた!? 中村義洋監督、堺雅人、鈴木福らの大ブレイクにボヤキ
メニュー

起用が早すぎた!? 中村義洋監督、堺雅人、鈴木福らの大ブレイクにボヤキ

2014年3月21日 21:25

「白ゆき姫殺人事件」の公開を控える中村義洋監督「白ゆき姫殺人事件」

「白ゆき姫殺人事件」の公開を控える中村義洋監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]最新作「白ゆき姫殺人事件」の公開を控える中村義洋監督が3月21日、東京・銀座のアップルストア銀座で行われたトークイベントに出席。自身のこれまでのキャリアや映画術、キャスティングなどについて熱く語った。

監督としてのキャリアに関しては「アヒルと鴨のコインロッカー」との出合いが大きかったようで「原作を読んで、全てを捧げようと思った。これがダメならダメという気持ちで気合いを入れた」と述懐。中村監督と言えば“映像化不可能”と言われた小説を見事に映画化してしまう名手と評されるが「『この原作はつらいな』ということもあったし、断った作品も多い。『つらいな』と思う作品は誰も幸せにならないんですよ。こっちがノッてないのもバレるし、キャストにも『次、やる気ある作品で呼んでください』って言われちゃう(笑)」とあくまで原作の面白さがあってこその映画化であると強調する。

師と仰ぐのは故・伊丹十三監督と崔洋一監督の2人。「撮り方も考え方も真逆の2人で、崔さんは、まず芝居があってそれをどう撮るか考える人。伊丹さんはフレームが先で、その中で芝居しろという人。両方のやり方が見られたのは良かった」と語る。

湊かなえの小説が原作の「白ゆき姫殺人事件」を含め、幾重にも折り重なる物語を紡ぐストーリーテラーと思われがちだが「いろんな名匠が仰ったようにキャスティングが演出の8割。そこにすごく時間をかけます」と明かす。本作には井上真央綾野剛菜々緒らが出演しているが「みんな、こういう役をやったことがないというキャスティング」と胸を張る。特に映画初出演の菜々緒について「オーディションなのに、『この役をやらせていただくわけですけど』という感じで、(肝が)据わってた」とその度胸を称賛。作品については「『元気を与える』とか優しいメッセージは置いておいて、とにかく面白い作品を作った」と自信をのぞかせた。

濱田岳堺雅人といった常連をはじめ、世間に広く知られる以前に中村組に起用され、存在感を示した俳優は多い。「僕の誇りは(『ゴールデンスランバー』で)堺雅人鈴木福を見出させたこと! 堺雅人も『ジャージの二人』の時はまだまだで、プロデューサーからは『もうちょっと名前のある人にして』と言われた」と裏話を暴露し会場をわかせる。一方で中村作品に出演からしばらくして、その俳優がブレイクする傾向には複雑な思いもあるよう。「被害妄想じゃないけど、『半沢直樹』は堺雅人香川照之滝藤賢一って『ゴールデンスランバー』じゃん! (起用が)早すぎるんです。(『アヒルと鴨のコインロッカー』の瑛太もそうだった。絶対に損してる」とボヤいていた。

白ゆき姫殺人事件」は3月29日より公開。

ゴールデンスランバー<廉価版>[Blu-ray/ブルーレイ] ゴールデンスランバー<廉価版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 身に覚えのないまま、見えない巨大な力によって首相暗殺犯に仕立てられた男の逃亡劇を描くサスペンス・ドラマ。出演:堺雅人
奇跡のリンゴ DVD(2枚組)[DVD] 奇跡のリンゴ DVD(2枚組)[DVD] 最安価格: ¥3,959 壮絶な辛苦の果てに、無農薬栽培で甘くておいしい“奇跡のリンゴ”を生み出したリンゴ農家・木村秋則さん一家の感動の実話を映画化。監督:中村義洋

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi