「ヒットのキーワードは“シニア層”」Bunkamuraル・シネマ番組編成プロデューサーに聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月17日 > 「ヒットのキーワードは“シニア層”」Bunkamuraル・シネマ番組編成プロデューサーに聞く
メニュー

「ヒットのキーワードは“シニア層”」Bunkamuraル・シネマ番組編成プロデューサーに聞く

2014年3月17日 14:35

ジュデイ・デンチ主演「あなたを抱きしめる日まで」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

ジュデイ・デンチ主演「あなたを抱きしめる日まで」
(C)2012 PHILOMENA LIMED, PATHE PRODUTIONS,
BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION.
ALL RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “邦高洋低”が続く近年の映画興行にあって、渋谷・Bunkamura ル・シネマやシネスイッチ銀座などのミニシアターを中心に、シニア向けの洋画がヒットを続けている。ジュデイ・デンチ主演「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」、マギー・スミス主演「カルテット!人生のオペラハウス」、ジャンヌ・モロー主演「クロワッサンで朝食を」など、シニア世代の俳優が人生を謳歌する主人公たちを演じた作品が、小規模公開ながら興行収入1億円を突破するというヒットの傾向について、Bunkamura ル・シネマの番組編成プロデューサー、中村由紀子氏に聞いた。

中村氏は、こういった作品が熟年層の心をとらえている背景について「主人公が自分たちの年齢に近く、共通の思いや喜怒哀楽といった感情があり、物語に自身を重ねやすいのではないか」と分析。映画を鑑賞することで、「人生はいくつになっても発見や新しい出会いがあり、チャレンジしよう、前向きに生きようという希望がわいてくる」とも語る。

また「洋画になじんだ世代であり、出演者に信頼感がある」という言葉からは、シニア層にとっては「映画=洋画」という図式も見え、「劇場で映画を見ることが、若い頃からの習慣になっている」という実状からも、シニア世代には洋画を映画館で鑑賞することが、ライフスタイルとして根付いていることがうかがえる。そして、前述の作品群が、東急百貨店本店に隣接する芸術複合施設Bunkamuraや、昭和30年代からの長い歴史を持つシネスイッチ銀座で上映されていたのもポイント。「鑑賞の前後にショッピングや食事を楽しめる“お出かけ”として、友人やパートナーを誘いやすい」という側面も強い。

そんなシニア層向けの作品で現在注目されているのが、両館で公開中の「あなたを抱きしめる日まで」。デンチが実在のアイルランド人女性を演じ、50年前に引き離されてしまった息子を捜すため、ベテラン記者とともにイギリスからアメリカに旅する感動作。シリアスなテーマながら、第86回アカデミー賞で主演女優賞ノミネートを受けたデンチの愛らしいキャラクターが、「勇気をもらった」「新しいことを始めたくなった」とシニア層の共感を呼んでいる。

マリーゴールド・ホテルで会いましょう[Blu-ray/ブルーレイ] マリーゴールド・ホテルで会いましょう[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 人生やり直すのに、遅すぎるなんてない。『恋におちたシェイクスピア』の監督が贈る、人生を豊かに変えるヒントがいっぱいの感動作!
カルテット!人生のオペラハウス[DVD] カルテット!人生のオペラハウス[DVD] 最安価格: ¥3,027 珠玉のオペラにのせて贈る、笑いと涙の作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi