【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位、「銀の匙」4位、オスカー受賞「それでも夜は明ける」10位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月11日 > 【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位、「銀の匙」4位、オスカー受賞「それでも夜は明ける」10位
メニュー

【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位、「銀の匙」4位、オスカー受賞「それでも夜は明ける」10位

2014年3月11日 15:15

初登場1位を飾った「映画ドラえもん」「永遠の0」

初登場1位を飾った「映画ドラえもん」
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2014
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3月8~9日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。アカデミー賞、日本アカデミー賞がそれぞれ発表され、賞レースが一段落。映画市場には、春休みシーズンがにわかに到来している。

今週は「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」が圧倒的な強さで首位に立った。全国361スクリーンで公開され、オープニング2日間の成績は、動員53万0554人、興収6億0035万6700円というもの。前年の「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」対比で89.9%の出足(興収で比較)。前作が39.8億円の興収をあげているので、今作も30億円台後半が見込まれる。

2位「ホビット 竜に奪われた王国」、3位「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」はそれぞれワンランクずつ順位を落とし、4位には「銀の匙 Silver Spoon」が初登場。全国285スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員9万8956人、興収1億2111万7900円という成績。最終的に、興収10億円に到達するのはちょっと難しそうだ。

続いて5位に実写版「魔女の宅急便」、6位には「永遠の0」がそれぞれランク。「永遠の0」は累計興収が82億7135万5500円となった。07年公開「HERO」の81.5億円をクリアし、次は04年「世界の中心で愛を叫ぶ」の85億円がターゲット。

7位には、万城目学原作の映画化「偉大なる、しゅららぼん」が初登場。オープニング2日間の成績は、動員が4万3863人、興収5807万9000円。全国202スクリーンでの公開。

8位は「劇場版 仮面ティーチャー」、9位には「劇場版 TIGER & BUNNY The Rising」が粘った。「タイバニ」の累計成績は、動員が36万2647人、興収で5億2205万0700円。

そして10位には、アカデミー作品賞に輝く「それでも夜は明ける」が見事ランクイン。先週のオスカー3部門獲得の勢いで、わずか43スクリーンでの公開ながら、2日間で動員3万2431人、興収4054万7800円を記録。ちなみに、過去3年のオスカー作品賞受賞作の興収は、「アルゴ」3.3億円、「アーティスト」4.8億円、「英国王のスピーチ」が18.2億円である。

ホビット 思いがけない冒険[DVD] ホビット 思いがけない冒険[DVD] 最安価格: ¥922 伝説的シリーズ“ロード・オブ・ザ・リング”の感動再び!圧倒的な映像美で魅せるスリリングなアクションと壮大なファンタジー映画の傑作!
魔女の宅急便[Blu-ray/ブルーレイ] 魔女の宅急便[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,434 見習い魔女の女の子が出会いや別れ、挫折などを乗り越えて成長していく姿を描いた、宮崎駿監督が贈る名作アニメ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi