ジョセフ・ゴードン=レビット、初監督作のこだわりを明かした映像独占入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月10日 > ジョセフ・ゴードン=レビット、初監督作のこだわりを明かした映像独占入手
メニュー

ジョセフ・ゴードン=レビット、初監督作のこだわりを明かした映像独占入手

2014年3月10日 14:20

監督デビューを果たしたジョセフ・ゴードン=レビット「ドン・ジョン」

監督デビューを果たしたジョセフ・ゴードン=レビット
(C)2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気俳優ジョセフ・ゴードン=レビットが、初めてメガホンをとったラブコメディ「ドン・ジョン」に盛り込んだこだわりについて語ったインタビュー映像を、映画.comが独占で入手した。

ゴードン=レビットが脚本も兼ね、スカーレット・ヨハンソンジュリアン・ムーアという実力派女優を迎えた意欲作。理想を追い求めるプレイボーイの青年ジョンが、異なるタイプのふたりの女性と出会い、新しい価値観を見出していく。

ゴードン=レビットは、ジョンの成長を描くため3つのパートで構成。「ハリウッド映画のストーリー構成では、昔からあるやり方だね。ジョンの成長の3段階をスタイルに反映させたかった」とカメラワーク、編集、音楽に変化を与えた。

冒頭は「カメラはとても動的で、よく動いているし、カットは次々と変わり、音楽は明るいシンセ音で作られている」とテンポよい映像でプレイボーイとしてのジョンを印象付ける。ヨハンソン扮する美女と恋に落ちると、「カメラはドリーに載せてスムーズな動きで撮っていることが多い。編集はより一般的なハリウッドによくある手法で、音楽はハリウッドによくあるオーケストラだ」と古典的なラブロマンスが展開される。

最終章では、「今までの型を破り始める」と変化が訪れたジョンの心境を表すため、「カメラはほとんど手持ちで撮影し、カットも長く撮ったから、カット数ははるかに少ないんだ。音楽もずっと単純で、ギター数本で演奏されている」。綿密に作品を組み立てることで、ポルノに熱を上げる青年というコミカルな題材を通して、テーマの愛に迫ることに成功している。

ドン・ジョン」は、3月15日から全国で公開。

LOOPER/ルーパー[Blu-ray/ブルーレイ] LOOPER/ルーパー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィット主演のSFアクション。
(500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] (500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 恋を信じる男の子と信じない女の子の、ビタースウィートな500日ストーリー!出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi