剛力彩芽、初主演映画「L・DK」で経験した同居生活にあこがれ胸キュン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月10日 > 剛力彩芽、初主演映画「L・DK」で経験した同居生活にあこがれ胸キュン
メニュー

剛力彩芽、初主演映画「L・DK」で経験した同居生活にあこがれ胸キュン

2014年3月10日 19:05

同居生活を演じた剛力彩芽と山崎賢人「L・DK」

同居生活を演じた剛力彩芽と山崎賢人
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優・剛力彩芽の初主演映画「L・DK」の完成披露試写会が3月10日、東京・新宿バルト9で行われた。剛力は上映前に、共演の山崎賢人中尾明慶岡本玲らとともに会見。「ようやくお見せできます。不安と緊張もありますが、たくさん胸キュンしてください」とPRした。

渡辺あゆさんの400万部を超える人気コミックの映画化で、剛力は主人公の西森葵役。ラブストーリーも初挑戦とあって、「原作の葵は皆に愛されていて、いじられた時の反応がすごくかわいい。私にそんな女の子らしいところがあるのか、大丈夫かなあと思ったけれど、現場でも胸キュンすることがいっぱいあったし、その素直で自然な思いがお芝居に出ていたんじゃないかと思う」と手応え交じりに振り返った。

映画の中では、不運が重なって山崎演じるイケメン同級生の久我山柊聖と同居するはめになるが、実生活での同居については「してみたい。素敵だなと、あこがれる」と前向き。山崎が「僕もしたい。好きな人と24時間一緒にいられるなら何でも楽しいと思う。一緒にテレビを見たり、歯を磨いたり…」と理想像を語ると、「そうだね。したいね」とうなずき合った。

加えて、完成品を見たうえで「最初は恥ずかしかったけれど、あこがれる要素がいっぱいある。どういう風に柊聖との関係を見せていくか悩んだ部分も表現されているし、すべてのシーンが大事」と笑顔。川村泰祐監督も、「キャストがそろった時点でうまくいくと感じながらクランクインした。皆がキャラクターにマッチして、のびのびやっていいところが出ている。原作ファンも納得して見てもらえる」と太鼓判を押していた。

L・DK」は、親の海外赴任で独り暮らしをすることになった葵が、アパートの別の部屋に住む同級生・柊聖の部屋でボヤ騒ぎを起こした責任をとって、自身の部屋で同居を開始。恋に奥手な葵は、親友の萌をフッた柊聖に嫌悪感を覚えながらも、徐々に意識し始めていく様子をコメディ・タッチで描く。4月12日から全国で公開される。

クロコーチ DVD-BOX[DVD] クロコーチ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥12,982 昭和の未解決事件、あの3億円事件に迫る空前絶後の刑事ドラマ!出演:剛力彩芽
ジンクス!!! スペシャルエディション[DVD] ジンクス!!! スペシャルエディション[DVD] 最安価格: - 日本と韓国の恋愛文化の違いをコミカルに織り交ぜながら、切ない恋と国境を越えた友情を描く!出演:山崎賢人

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi