人はなぜ、山に登るのか? 永遠の問いに挑む 「山岳映画 特集上映」開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月9日 > 人はなぜ、山に登るのか? 永遠の問いに挑む 「山岳映画 特集上映」開催
メニュー

人はなぜ、山に登るのか? 永遠の問いに挑む 「山岳映画 特集上映」開催

2014年3月9日 15:00

山岳映画をめぐる初の大規模特集「銀嶺の果て」

山岳映画をめぐる初の大規模特集
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人はなぜ、山に登るのか? という永遠の問いに挑み、20世紀初頭の黎明期から現在に至る“山岳映画”の系譜を回顧する初の大規模特集「山岳映画 特集上映」が、4月19日から2週間、東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールで開催される。

日本におけるパイオニア・ワークとなった大正期の貴重な記録映画や、“山岳映画”というジャンルを形成したドイツの先駆者アーノルド・ファンクの主要作品、さらに戦後初の山岳映画である「銀嶺の果て」をはじめ、「氷壁」「八甲田山」「植村直己物語」といった日本映画の名作から「アイガー北壁」や「剱岳 点の記」など東西の近年の傑作まで、全16作品を上映、ゲストによるトークイベントも予定されている。

また、会場となる東京都写真美術館では、日本の山岳写真のパイオニアを紹介し、大正時代から昭和初期の北アルプスの自然と登山の様子をとらえた写真を展示する、「黒部と槍 冠松次郎と穂苅三寿雄」展も3月4日~5月6日まで開催する。本格的な登山シーズンを前に、特集上映と合わせて山を愛する人には見逃せない催しだ。

「山岳映画 特集上映」は、4月19日から5月2日まで。全作品ラインナップ、上映スケジュールは公式HP(www.yamaeiga.com)で告知する。

銀嶺の果て[DVD] 銀嶺の果て[DVD] 最安価格: ¥1,944 昭和22年に製作された三船敏郎のデビュー作。雪山を舞台に、3人の強盗がくりひろげるサスペンス。
アイガー北壁[DVD] アイガー北壁[DVD] 最安価格: ¥3,918 ナチス政権下の1930年代、ヨーロッパ最後の難所と呼ばれたスイスの名峰・アイガー北壁に挑む若き登山家を描いた真実の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi