“スマウグとの対決”シーンの裏側に迫る「ホビット」ビデオログ公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月7日 > “スマウグとの対決”シーンの裏側に迫る「ホビット」ビデオログ公開!
メニュー

“スマウグとの対決”シーンの裏側に迫る「ホビット」ビデオログ公開!

2014年3月7日 11:00

エレボールの地下にある宝物庫で、ビルボはついに“邪竜”と対面する!「ホビット 竜に奪われた王国」

エレボールの地下にある宝物庫で、ビルボはついに“邪竜”と対面する!
(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒット中の「ホビット 竜に奪われた王国」から、製作の裏側を伝えるファン必見のビデオログ第3弾が、このほど公開された。

物々しい音楽をバックに佳境を迎えた撮影風景が矢継ぎ早に映し出され、「この撮影はレースだと思ってくれ」と、ピーター・ジャクソン監督の叱咤(しった)が飛ぶ──かと思えば、ビルボ役のマーティン・フリーマンとドーリ役のマーク・ハドロウ、ノーリ役のジェド・ブロフィーが卓球対決するひと幕を確認することができる。

「今のところ20勝無敗だ。負ける気がしない」とカメラ目線でキメるフリーマンのあとで、今回最も焦点が当てられているのは、第2章の重要キャラクター“スマウグ”が登場するシーンの撮影だ。ジャクソン監督の指示の下、グリーンバックの前で迫真の演技を見せるフリーマンのほか、スマウグの造形を担当するアート制作監督が登場し、「撮影中も竜のイメージは完成していなかった」と明かされる。「動きに無駄がなく、巨体だが何かにぶつかったりしない」「まず考えたのはとにかく巨大にすること」とジャクソン監督がイメージと着想を語るスマウグにビルボが向かい合うシーンは、今作の大きな見せ場のひとつ。スタジオは金貨や財宝で埋め尽くされており、フリーマンも「すごいセット」と驚きを隠さない。

バルド役のルーク・エバンス、統領役のスティーブン・フライ、召使いアルフリド役ライアン・ゲイジらが登場する“湖の町”の撮影紹介が終わると、追加撮影が終了した途端、一気にセットが解体されて元の更地へと戻されていく様子が映し出される。オークのメイクをしたままの出演者が「はい、WETAデジタルです」と、次の仕事(電話の受付)に向けた練習を披露する様子が笑いを誘う。

CGなどのVFXを加工していくポストプロダクションの紹介では、アニメーションや視覚効果のスーパーバイザーが登場し、激流を下るアクションやスマウグが巣くう宝物庫を再現するという新たな試みのために、1.5キロの川や1.8トンの金貨を実測したということが語られる。そして、ガンダルフが潜入する闇の勢力の要塞ドル・グルドゥアや、スマウグがいるエレボール地下でのカメラワークをシミュレートするための“バーチャルカメラ”も登場。CGで作られた仮想空間をのぞきながら、ジャクソン監督がカメラを振るう様子も網羅されている。

「(2013年分は)あと1回ある」と監督が明かすビデオログだが、次回はオーケストラによるハワード・ショア作曲のサウンドトラック収録が伝えられる予定だ。

【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版[DVD] 【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版[DVD] 最安価格: - 伝説的シリーズ“ロード・オブ・ザ・リング”の感動再び!圧倒的な映像美で魅せるスリリングなアクションと壮大なファンタジー映画の傑作!
ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・プライス版【Blu-ray...[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・プライス版【Blu-ray...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - J.R.Rトールキン原作によるファンタジー小説の金字塔「指輪物語」をピーター・ジャクソン監督が壮大なスケールで映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi