【第37回日本アカデミー賞】真木よう子、大竹しのぶ以来35年ぶりのダブル受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月7日 > 【第37回日本アカデミー賞】真木よう子、大竹しのぶ以来35年ぶりのダブル受賞
メニュー

【第37回日本アカデミー賞】真木よう子、大竹しのぶ以来35年ぶりのダブル受賞

2014年3月7日 22:38

最優秀主演、助演女優賞をダブルで獲得「さよなら渓谷」

最優秀主演、助演女優賞をダブルで獲得
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第37回日本アカデミー賞の授賞式が3月7日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、真木よう子が「さよなら渓谷」で最優秀主演女優賞、「そして父になる」で最優秀助演女優賞を獲得。ダブル受賞は、同賞でこれまでに18回あるが、俳優が2部門を受賞するのは、第2回(1979)の大竹しのぶ以来35年ぶりの快挙となった。

最優秀助演女優賞を制した真木は、驚きの表情を浮かべ「すっごいビックリしました。まさかいただけるとは思っていませんでした」とニッコリ。そして、最優秀助演男優賞を受賞した夫役のリリー・フランキーに対しても「リリーさんと一緒にとれてすごく嬉しいです! 本当にありがとうございました」と深々と頭を下げた。しかし、これで終わりではなかった。さらに最優秀主演女優賞で自らの名が呼ばれると、「本当に嬉しいです。現場にいたひとり残らず全ての方々のおかげです。本当に嬉しい。ありがとうございます」と瞳を輝かせながら喜びをかみ締めた。

また、「舟を編む」で最優秀主演男優賞に輝いた松田龍平も、感慨無量の面持ち。父である故松田優作さんは、優秀主演男優賞を4度(「蘇える金狼」「家族ゲーム」「それから」「嵐が丘 華の乱」)受賞しているが、最優秀の冠はついていない。それだけに、「いやあ、嬉しいです。大島渚監督の『御法度』で新人賞をいただき、こうして主演男優賞もいただけた。僕のオヤジを好きだった人に期待されているなと感じます。いろんな方に影響を受けて、その中で自分のやれることを見つけていけたらいいなと思います」と言葉を選びながら静かに語った。

さよなら渓谷[DVD] さよなら渓谷[DVD] 最安価格: ¥3,201 女優・真木よう子が渾身の力を注ぎ、体当たりの熱演し、モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞で話題になった作品。
そして父になる DVDスペシャル・エディション[DVD] そして父になる DVDスペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,277 突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi