石井裕也監督「ぼくたちの家族」映画化にあわせ原作タイトル変更 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月6日 > 石井裕也監督「ぼくたちの家族」映画化にあわせ原作タイトル変更
メニュー

石井裕也監督「ぼくたちの家族」映画化にあわせ原作タイトル変更

2014年3月6日 16:07

家族を見つめた「ぼくたちの家族」「ぼくたちの家族」

家族を見つめた「ぼくたちの家族」
(C)2013「ぼくたちの家族」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 妻夫木聡池松壮亮が初共演を果たす俊英・石井裕也監督作「ぼくたちの家族」の映画化にあたり、早見和真氏による原作小説のタイトルが、映画にあわせて変更されていたことがわかった。

末期の脳腫瘍で余命1週間を宣告された母・玲子は、家族がバラバラになることを恐れながら、次第に認知症のようになってしまう。残された父、長男、次男の頼りない男たちは、さまざまな問題に直面しながらも、最後の悪あがきをすることを決意する。

原作は、早見氏が自らの体験をベースに、母親の病気をきっかけにひとつになっていく家族を描いた小説。早見氏の「物語がどう突き進んでいこうと、最後は家族がきらめく瞬間を書きたいと思っていました。でも、それは決して大団円というわけではなく、家族という物語の過程の一つ、明日にはまた大問題が生じているのかもしれない。それは誰にもわからない。そういう思いを『砂上の楼閣』にかけて込めました。それでも祝福したい気持ちにウソはなかったので、『ファンファーレ』という前向きな言葉を選び取った」という強い思いから、2011年3月の単行本刊行時には「砂上のファンファーレ」というタイトルで発表された。

今回、「タイトルを『家族』に寄ったものにしたい」と考えた映画製作陣は、くどき落とした早見氏とともに新しいタイトルを考案。最終的に、早見氏による「ぼくたちの家族」にたどりつき、原作小説も同タイトルに統一のうえ文庫化した。早見氏は「『砂上のファンファーレ』に思い入れもあったので、最初は悩みました。最終的にジャッジしたのは『より伝わりやすいタイトルを』という思いもあったから」と明かしている。

ぼくたちの家族」は、5月24日から全国で公開。

悪人 スタンダード・エディション[DVD] 悪人 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,018 吉田修一×李相日×久石譲といった至高の才能が贈る感動作!出演:妻夫木聡
上京ものがたり[DVD] 上京ものがたり[DVD] 最安価格: ¥3,926 数々の出会いと別れを乗り越え大人になる姿を通して、夢を追う全ての人へ勇気をもらたす人生応援ムービー!出演:池松壮亮

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi