吉高由里子、主演朝ドラ「花子とアン」での目標は“会見上手”になること : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月3日 > 吉高由里子、主演朝ドラ「花子とアン」での目標は“会見上手”になること
メニュー

吉高由里子、主演朝ドラ「花子とアン」での目標は“会見上手”になること

2014年3月3日 16:38

「花子とアン」キャスト陣「赤毛のアン」

「花子とアン」キャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優・吉高由里子主演で3月31日にスタートするNHK朝のテレビ小説「花子とアン」(午前8時~ほか)の第1週(6話)の完成試写会が3月3日、東京・渋谷区の同局で行われた。

赤毛のアン」の翻訳者として知られる村岡花子(旧姓安東はな)さんが、夫や家族、友人たちに支えられながら、関東大震災や第二次世界大戦などの苦難にも負けずに名声を得ていく姿を描く人間ドラマ。第1週は、はな(花子)の少女時代(山田望叶)でほとんど出演シーンがないため、吉高は「客観的に見られ、安東家の人たちがずっとそこにいるような感じがした。これから家族の一員として溶け込めるか不安もあるけれど楽しみです」と笑顔を見せた。

吉高が本格的に登場するのは、10歳で山梨から東京の女学校に編入してから5年後となる第3週から。撮影は昨年10月末から始まっているが、「タイトルバックの自分を見て、もっと実感が沸かなくなった。もともと朝ドラは似合わないと思っていたので、ちゃんと成立させてくれる技術が素晴らしい。あと、NHKは会見が多いので、終わる頃にはもうちょっと(対応が)うまくなっていることが目標」と、演技以外の部分を強調して感想を述べた。

はなの父・安東吉平を演じる伊原剛志も、冒頭は実年齢より若い設定だが「僕も朝ドラは似合わないからどうしようと思っていたが、今のところはとてもさわやかな明るいお父さんになっている」と自画自賛。吉高については、「今は色気があるが、娘の時は封印している。いとおしくて、いつもよしよしと触っていたくなる。それだと変なおじさんになってしまうけれど、変な男が来たら僕がいかないとという気持ちになっている」と“愛娘”にベタぼれの様子だ。

母・ふじに扮する室井も、「現場があっちこっちするけれど、吉高ちゃんのこれからが本当に楽しみ」と期待を込めた。取材陣からも、撮影が折り返しを迎えた今の心境を問われたが、吉高は「全然、折り返していないよという気持ち」と苦笑い。それでも、「ペースに慣れてきたというか、麻ひしてきたというか、人って超越するものなんですね。現場に恋しようと思い、そうすれば楽しくなったり疲れを忘れたりするんじゃないかという気持ちの努力はしています。そういう方向性で」と“吉高節”で抱負を語っていた。

真夏の方程式 Blu-rayスペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 真夏の方程式 Blu-rayスペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,644 福山雅治=湯川学が映画で挑むシリーズ史上最も切ない「謎」の方程式。出演:吉高由里子
横道世之介【スペシャル版】[Blu-ray/ブルーレイ] 横道世之介【スペシャル版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 吉田修一による“青春小説の金字塔”を、沖田修一監督が高良健吾、吉高由里子ら豪華俳優陣と映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi