「二十四時間の情事」仏巨匠アラン・レネ監督が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月2日 > 「二十四時間の情事」仏巨匠アラン・レネ監督が死去
メニュー

「二十四時間の情事」仏巨匠アラン・レネ監督が死去

2014年3月2日 21:22

2012年カンヌ映画祭でのアラン・レネ監督「二十四時間の情事」

2012年カンヌ映画祭でのアラン・レネ監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「二十四時間の情事」「去年マリエンバートで」などで知られるフランスの映画監督アラン・レネが3月1日(現地時間)、パリ市内で死去したとプロデューサーのジャン=ルイ・リビ氏が発表し、仏報道各社が伝えた。91歳だった。

レネ監督は1922年生まれ、40~50年代を中心に短編作を数多く発表し、アニエス・バルダクリス・マルケルらとともにヌーベルバーグの左岸派として知られ、ホロコーストとアウシュビッツ収容所の記録をめぐる短編ドキュメンタリー「夜と霧」(55)で世界的な注目を集めた。59年に、エマニュエル・リバ岡田英次主演で広島で撮影した日仏合作映画「二十四時間の情事」で長編デビュー。アラン・ロブ=グリエが脚本を手がけた「去年マリエンバートで」(61)でべネチア国際映画祭金獅子賞を受賞している。

その後も「スモーキング/ノースモーキング」(93)、「恋するシャンソン」(97)など意欲的に作品を発表しており、2009年にカンヌ国際映画祭で生涯功労賞を受賞、12年に「Vous n'avez encore rien vu」が同映画祭のコンペティション部門に出品され、キャスト陣と共にレッドカーペットに姿を見せていた。今年のベルリン国際映画祭では遺作となった「Aimer, boire et chanter」がコンペティション部門に選出され、アルフレッド・バウアー賞を受賞している。

去年マリエンバートで[Blu-ray/ブルーレイ] 去年マリエンバートで[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 50年代に「文学とその方法」について論争を巻き起こした作家ロブ・グリエの手法を異才アラン・レネ監督が映画で試み、反響を呼んだ作品。
六つの心 アラン・レネ[DVD] 六つの心 アラン・レネ[DVD] 最安価格: ¥2,462 ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞やヨーロッパフィルム賞、セザール賞複数部門(ノミネート)、他ヨーロッパ各地にて多数受賞・評価された、ファンタジックな映像作品。監督:アラン・レネ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi