オスカー最有力「それでも夜は明ける」は受賞できる? 発表前夜に大分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月2日 > オスカー最有力「それでも夜は明ける」は受賞できる? 発表前夜に大分析
メニュー

オスカー最有力「それでも夜は明ける」は受賞できる? 発表前夜に大分析

2014年3月2日 20:07

アカデミー賞を語った町山智浩氏とデーブ・スペクター「それでも夜は明ける」

アカデミー賞を語った町山智浩氏とデーブ・スペクター
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第86回アカデミー賞授賞式を目前に控えた3月2日、都内でオスカー最有力の呼び声高いヒューマンドラマ「それでも夜は明ける」の特別試写会が行われ、映画評論家の町山智浩氏と、放送プロデューサーでタレントのデーブ・スペクターが登壇。奴隷制度を描く本作が高く評価される理由や、アカデミー賞受賞の可能性について意見を交わした。

南部の農園に売られた黒人ソロモン・ノーサップが12年間の壮絶な奴隷生活をつづった伝記を、「SHAME シェイム」で注目を集めたスティーブ・マックイーン監督が映画化した本作。

第71回ゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ)をはじめ、放送映画批評家協会賞、米製作者組合賞、第67回英国アカデミー賞といったオスカー前しょう戦で作品賞を受賞。試写会当日に発表されたインディペンデント・スピリット賞でも作品賞に輝き、オスカー受賞に王手をかけた状態だ。

町山氏は「やはり大本命だと思う。ハリウッドがやらなければいけない企画だった」と断言する一方で、「奴隷制度を描いているので、アメリカ南部では上映したがらなかった。歴史を否定したい彼らにとっては、今も忘れたい歴史で、ネットでの批判も南部が多かった」と懸念も示した。対抗馬はアルフォンソ・キュアロン監督の「ゼロ・グラビティ」だといい、「突然、極限状態に追い込まれた主人公を、長回しで撮り、観客に“体感”させる手法が共通している」と分析した。

一方、デーブは業界人の投票が決めるアカデミー賞の特性に触れ「ハリウッドは『自分たちがいいことをしている』と正当化し、褒められたがる」という理由で、「それでも夜は明ける」が優位だと主張。ただ、「良くも悪くも業界受けが優先されるので、そういう意味では『アメリカン・ハッスル』も強い。肝心なのはオスカーが、何を推すか(おすか)」とジョークを交え、別の対抗馬を挙げた。

ふたりの意見が一致したのは、プロデューサーとして本作の成功を導いたブラッド・ピットの才覚。大手スタジオが製作に難色を示すなか、ピットが出資に乗り出した経緯があり「本当に勇気があると思いますよ。製作を務めた『ディパーテッド』もオスカーを取っているし、プロデューサーとして非常に優秀」(町山氏)。ピットは劇中で奴隷解放論者を演じており、デーブは「プロデューサーだからって自分だけあんなおいしい役、ずるい」と笑いを誘った。それでも「この映画がアメリカで、公立高校の必須映画になったのは、意味があること」と本作の意義を称えていた。

それでも夜は明ける」は3月7日から全国で公開。

【初回限定生産】ゼロ・グラビティ 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ゼロ・グラビティ 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう、予測不能のSFサスペンス!
ディパーテッド[Blu-ray/ブルーレイ] ディパーテッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 警察官のマフィアとマフィアの警察官、危険と背中合わせの二重生活を送る二人を描く、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演で贈るクライム・ムービー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi