歴史に翻弄された翻訳家を追う「ドストエフスキーと愛に生きる」岸本佐知子が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月2日 > 歴史に翻弄された翻訳家を追う「ドストエフスキーと愛に生きる」岸本佐知子が語る
メニュー

歴史に翻弄された翻訳家を追う「ドストエフスキーと愛に生きる」岸本佐知子が語る

2014年3月2日 17:19

翻訳家の岸本佐知子氏「ドストエフスキーと愛に生きる」

翻訳家の岸本佐知子氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ウクライナ出身の84歳の翻訳家スベトラナ・ガイヤーさんの半生と、文学によって高められる人間の尊厳を描き出したドキュメンタリー「ドストエフスキーと愛に生きる」と、本の祭典「文芸フェス」のタイアップイベントが3月2日東京・渋谷のアップリンクで開催され、翻訳家の岸本佐知子氏がトークイベントに出席した。

1992年からわずか10年間で「罪と罰」などドストエフスキーの長編5作をロシア語からドイツ語に翻訳したガイヤーさんは、父親がスターリン政権の粛清に遭い、その後ナチの占領下となったウクライナで育つ。激動の時代を生き残る術として、ドイツ語を身につけたガイヤーさんは、第2次世界大戦初期にドイツへ移住した。映画はガイヤーさんの仕事風景と日常生活、そしてドイツ移住後に初めて訪問した故郷への旅の中で、ウクライナの激動の歴史と向き合う姿を追う。ガイヤーさんは2010年、87歳で死去した。

映画を鑑賞した岸本氏は、「すべてが尊い」とガイヤーさんの生き様に感服した様子で、「私は100歳まで現役でありたいと思っていますが、それが可視化された」と話す。「でも、ぼんやりと島国の日本に育って、翻訳が好きだと言っている私がスベトラナさんと同じにはなれない」といい、「スベトラナさんは普通のおばあさんに見えるけれど、怪物。キュートな方だけれどちらりと怖い顔が見えるのは、背負っているものがうわっと出てくるのでは」とガイヤーさんの身の上に思いをはせていた。

岸本氏にとって翻訳家という仕事の魅力は「空っぽの私の中に言葉が入って共鳴する感じ。それが心地よい」そうで、「道具になる喜び、おいしいものを食べるときのスプーンのようでありたい。柴田元幸さんは“奴隷根性”とおっしゃってましたが、言葉の奴隷になりたい」と独特の表現で語る。翻訳の仕事は第二創作とも言われるが、「創作には近いけれど、作品全体を見渡して、原書がどう読まれたがっているかプロデュースするのが翻訳家の仕事」と説明した。

ドストエフスキーと愛に生きる」は公開中。

白痴 ドストエフスキー原作[DVD] 白痴 ドストエフスキー原作[DVD] 最安価格: - ドストエフスキーの代表作を忠実に再現した唯一無二の完全版。純真で無垢なムイシュキン公爵、暗く熱い情熱を持ったロゴージン、謎めいた美少女ナスターシャの3人を軸に描かれた愛憎劇。
罪と罰 ドストエフスキー原作[DVD] 罪と罰 ドストエフスキー原作[DVD] 最安価格: ¥9,461 歴史に残るような天才が正しいことをするためなら、大量殺戮を行うことすらも許されるのではないか─。英雄思想を持つことで、金貸しの老婆を殺してしまった青年の苦悩を描くドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi