石井一久氏、吉本社員としての“初登板”は「グダグダの内容」も自己評価は75点 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月28日 > 石井一久氏、吉本社員としての“初登板”は「グダグダの内容」も自己評価は75点
メニュー

石井一久氏、吉本社員としての“初登板”は「グダグダの内容」も自己評価は75点

2014年2月28日 13:15

(左から)チャド・マレーン、石井一久氏、アントニー「R100」

(左から)チャド・マレーン、石井一久氏、アントニー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月1日付で吉本興業の契約社員となるプロ野球・元西武の石井一久氏が2月28日、“初仕事”として都内で行われた松本人志監督の「R100」のDVD発売記念イベントで司会を務めた。

同作の英語字幕を手掛け、松本監督とトロント国際映画祭などに同行したチャド・マレーンを講師に迎え、お笑いコンビ「デニス」と「マテンロウ」に英語表現の講義をするという内容。「肩慣らしをしてみないか」と、研修として“仕切り”を託された石井氏だが、「前に前に出るのは苦手なんで」と冒頭からいきなりのカミングアウトだ。

ハーフ芸人の「デニス」植野行雄と「マテンロウ」アントニーは、「英語をしゃべりそうな顔をしている」という理由で招へいしたが、英語を全く話せないことを知らず「ブッキングミスってことで」とバッサリ。チャドが必死で笑いを取るための英語表現を説いても、途中で時間が足りなくなり「まあ、あんまり使うことはないので、違う機会に発表してください」と打ち切ってしまった。

あまりのマイペースぶりに芸人たちから非難の声が上がっても、「今度、サッカー選手の入団会見(の司会)をやるので、その調整です」とどこ吹く風。終了後、「内容がグダグダですいませんでした」と反省の色も見せたが、「僕は関係ないので。最初にしては上々の立ち上がり。75点以上」と悦に浸った。

アントニーは、「現役のときもスロースターターだったじゃないか」、植野も「完封した後みたいな顔しているわ」と不満顔。それでも、笑いのほとんどを石井氏に持っていかれたため、2組とも「僕らのことも、よろしくお願いします」と自己アピールに必死だった。

またメジャーリーグ・メッツなどで4年活躍した石井氏は、日本時間2日のオープン戦で初登板するヤンキースの田中将大投手に対し、「オープン戦だけれど、僕も最初は緊張とワクワクと楽しさにあふれていた。満喫して、シーズンに入っていってほしい」とエールを送っていた。

R100」は松本監督の第4作で、謎のクラブ「ボンデージ」に入会した男が、さまざまな美女からのサービスを受けるうちに、日常と非日常が交錯していくシュールなコメディ。ブルーレイ&DVDは発売中。

R100[DVD] R100[DVD] 最安価格: ¥2,873 松本人志がメガホンを取ったけた外れの異色作。決して開けてはならないパンドラの箱を開いてしまった主人公が遭遇する未知の体験を活写する。
人志松本のすべらない話 第24回大会完全版 初回盤[DVD] 人志松本のすべらない話 第24回大会完全版 初回盤[DVD] 最安価格: ¥3,610 松本人志をはじめとする精鋭たちが、誰が聞いても何度聞いても面白い実話を披露する人気バラエティ番組。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi