特殊部隊最大の惨事描く「ローン・サバイバー」、原作者自ら「事実を描いている」と力説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月28日 > 特殊部隊最大の惨事描く「ローン・サバイバー」、原作者自ら「事実を描いている」と力説
メニュー

特殊部隊最大の惨事描く「ローン・サバイバー」、原作者自ら「事実を描いている」と力説

2014年2月28日 12:20

別所哲也と原作者のマーカス・ラトレル氏「ローン・サバイバー」

別所哲也と原作者のマーカス・ラトレル氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画「ローン・サバイバー」の原作者であるマーカス・ラトレル氏が来日し2月27日、都内で行われた特別上映会に出席した。かつてラトレル氏が所属した米海軍特殊部隊ネイビーシールズがアフガニスタンで展開し、のちに創設以来最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」を映画化。ラトレル氏は本作の監修にかかわっており、「映画としてハリウッド的に演出された面もあるが、私たちが実際に体験した事実をしっかり描いている」と力説していた。

映画は2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯で偵察活動中のシールズ隊員4人が、ある判断ミスから200人を超すタリバン兵の攻撃にさらされ、ラトレル(マーク・ウォールバーグ)ただひとりが奇跡の生還を果たす姿を描く。共演はテイラー・キッチュエミール・ハーシュベン・フォスターエリック・バナら。「キングタム 見えざる敵」のピーター・バーグ監督がメガホンをとった。

俳優の別所哲也を聞き手に、マイクを握ったラトレル氏は「この作品で戦争を肯定したり、軍のプロモーションを行ったりするつもりはまったくありません。私たちが今もなお持ち続けている同胞愛を描いた作品なのです」。次々と決断を迫られる戦地の状況を「結果の良し悪しは別にして、決断をしないというのは一番避けなければいけないこと。そして、一度決断したら、それを全うするのが軍人の仕事なのです」と説明した。

劇中では作戦中に遭遇したヤギ飼いに対する判断が、命運の分かれ道として描かれており「私は現実主義者なので、もし時間が戻ったら…と後悔はしていない。多くの仲間を失ったが、彼らは仲間の隣で戦って、誇り高く死んでいった。それが戦士の死に方なのです。もちろん、今でも仲間が生きていたらと思うことはあります」と胸中は複雑。それでも「黒とも白とも区別できない、グレーゾーンで命をかけて戦うのが戦争だと思います」と話していた。

ラトレル氏は本作の原作である「アフガン、たった一人の生還」を執筆後、06年に海軍十字章を受章。07年に一等兵曹の位で退役すると、10年にはレッド・ウィング作戦で命を落とした同志たちに敬意を表し「ローン・サバイバー財団」を設立し、米軍兵士とその家族に、教育、リハビリ、社会復帰の機会を提供する活動を行っている。

ローン・サバイバー」は、3月21日から全国で公開。

ザ・ファイター スペシャル・プライス[DVD] ザ・ファイター スペシャル・プライス[DVD] 最安価格: ¥991 夢と嘲笑われた世界チャンピオンを目指して、全力で闘った兄弟の、奇跡の実話。観る者全てを圧倒的に魅了する、栄光への物語。出演:マーク・ウォールバーグ
ブロークンシティ[Blu-ray/ブルーレイ] ブロークンシティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 ニューヨーク市長から妻の浮気調査を頼まれた私立探偵が、それをきっかけに欲望にまみれた汚職事件に巻き込まれていく姿を追い掛ける。出演:マーク・ウォールバーグ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi