エドワード・ノートン悲願の企画「マザーレス・ブルックリン」がついに始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月26日 > エドワード・ノートン悲願の企画「マザーレス・ブルックリン」がついに始動
メニュー

エドワード・ノートン悲願の企画「マザーレス・ブルックリン」がついに始動

2014年2月26日 21:00

2度目のメガホンをとるエドワード・ノートン「ラッシュアワー」

2度目のメガホンをとるエドワード・ノートン
Photo by John Parra/Getty Images Entertainment
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優エドワード・ノートンが約15年前から自身の監督・主演作として映画化を熱望していた、米作家ジョナサン・レセムのハードボイルド探偵小説「マザーレス・ブルックリン」の映画化プロジェクトが、ついに始動することになった。

米Deadlineによれば、「ラッシュアワー」シリーズで知られ、監督作「レッド・ドラゴン」でノートンとタッグを組んだブレット・ラトナーが、自身の製作会社RatPac Entertainmentを通じて製作費を提供。ノートンの製作会社Class 5 Filmsとともにプロデュースを手がけることで、映画化が実現したという。

1999年に発表された「マザーレス・ブルックリン」は、ブルックリンを舞台に、トゥレット症候群を患う私立探偵ライオネル・エスログが、自分と仲間を孤児院から救い上げ、雇ってくれた恩人を殺した犯人を追うというストーリー。原作の舞台は現代だが、ノートンが手がけた脚本では、1954年のニューヨークに変更される。

ノートンが監督を務めるのは、2000年の監督デビュー作「僕たちのアナ・バナナ」以来、本作が2度目となる。今年後半、ニューヨークでのクランクインを予定。

ファイト・クラブ[Blu-ray/ブルーレイ] ファイト・クラブ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 デイビッド・フィンチャー監督が描く衝撃のドラマ。出演:エドワード・ノートン
真実の行方[DVD] 真実の行方[DVD] 最安価格: ¥927 ウィリアム・ディール原作の小説をリチャード・ギア主演で見事に映画化した、大司教惨殺事件に挑む敏腕弁護士の姿と事件の意外な結末を描いた息詰まる法廷サスペンス。今作が映画デビューとなったエドワード・ノートンの演技は必見!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi