生田斗真、4年ぶりに生歌披露!ムチャぶりアンコールにも「バッチ来ーい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月24日 > 生田斗真、4年ぶりに生歌披露!ムチャぶりアンコールにも「バッチ来ーい」
メニュー

生田斗真、4年ぶりに生歌披露!ムチャぶりアンコールにも「バッチ来ーい」

2014年2月24日 19:51

「土竜の唄」三池崇史監督「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」

「土竜の唄」三池崇史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の生田斗真が2月24日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演作「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」のヒット御礼舞台挨拶に出席し、劇中に流れるオリジナル楽曲「土竜音頭」を生熱唱した。生田が公の場で歌声を披露するのは、2009年のカウントダウン公演以来、約4年ぶり。「やるべきか悩んだが、こんな機会ないので、たまにはいいかなと。緊張? メッチャしました」と照れ笑いを見せていた。

生田演じる“金髪で童貞”の落ちこぼれ警察官・菊川玲二が潜入捜査官「モグラ」として犯罪組織で悪戦苦闘する姿が、コミカルかつスリルあふれる三池カラー全開で描かれる。舞台挨拶にはメガホンをとった三池崇史監督、原作者の高橋のぼる氏が登壇した。

首都圏を大雪が襲った2月15日、全国293スクリーンで封切られ、国内ランキングで「永遠の0」(岡田准一主演)のV9を阻み首位デビュー。公開9日間で観客動員62万1700人、興収8億500万円を記録し、現在2週連続でトップに君臨しており「ぜひこの勢いが春休みまで続けば。正々堂々『ホビット』と戦いますよ」(三池監督)。

高橋氏は「土竜音頭」の作詞も手がけており、「締切まで72時間しかないと言われて(笑)。でも24時間で仕上げました」。映画の出来ばえにも大満足だといい、「最近では、連載のほうが映画に影響されている。セリフを考えても『生田くんならどう言うかな?』って言葉づかいが変わってくる(笑)」と話していた。

舞台挨拶が“お開き”を迎えると、三池監督は「こんなこと、最後でしょうから、アンコールしていいですか?」と生田にムチャぶり。当の生田は慌てながらも、「バッチ来ーい」と快諾すると、再び「土竜音頭」を熱唱しファンは大喜びだった。

脳男[DVD] 脳男[DVD] 最安価格: ¥3,628 強烈な個性を放つキャラクターたちが、それぞれの“正義”を胸に、予測不能のドラマを展開するバイオレンスミステリー!出演:生田斗真
うぬぼれ刑事 DVD-BOX[DVD] うぬぼれ刑事 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥17,237 長瀬智也×宮藤官九郎コンビが復活!超恋愛体質で捜査に支障をきたすほど惚れっぽくうぬぼれやすい男と、彼を取り巻くうぬぼれ仲間たちが繰り広げる新感覚の刑事ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi