ゼクシィとネスレ、映画館でプロポーズ企画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月23日 > ゼクシィとネスレ、映画館でプロポーズ企画
メニュー

ゼクシィとネスレ、映画館でプロポーズ企画

2014年2月23日 18:20

[映画.com ニュース] 結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルートマーケティングパートナーズ)とネスレ日本が連携し、素人男性の映画館でのサプライズプロポーズをサポートする企画を先ごろ実施した。

ネスレとゼクシィは、プロポーズを考えている一般男性を募集し、2人の実話を基にしたオリジナルアニメーションの製作をサポート。ストーリー構成や当日の演出など、男性と約3カ月間にわたり打ち合わせした。

アニメーション制作は「日本の昔ばなし(テレビ東京)」などを手掛けるトマソンが全面的にバックアップし、男性がひとりで描き上げた「総製作枚数672枚」の大作となった。プロポーズ当日は、何も知らされていない彼女をTOHOシネマズ六本木ヒルズに連れ出し、アニメーションを上映。その場でプロポーズを実行し、無事に成功した。内緒で集まった友人32人も拍手で祝福。このアニメーションは、現在ユーチューブでも無料で公開されている。

ゼクシィは、かねて企業と連携し「プロポーズ応援プロジェクト」を実施しており、ネスレと組んだ今回はその第11弾だった。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi