中村蒼、主演映画「東京難民」公開で「自分の名刺増えた」と確信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月22日 > 中村蒼、主演映画「東京難民」公開で「自分の名刺増えた」と確信
メニュー

中村蒼、主演映画「東京難民」公開で「自分の名刺増えた」と確信

2014年2月22日 15:25

全国40スクリーンで封切られた「東京難民」「東京難民」

全国40スクリーンで封切られた「東京難民」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・中村蒼主演の映画「東京難民」が2月22日、全国40スクリーンで封切られ、中村は佐々部清監督、共演の大塚千弘青柳翔山本美月金子ノブアキ井上順、原作者の福澤徹三氏とともに東京・有楽町スバル座で舞台挨拶に立ち、「1人でも多くの方に見ていただきたいという思いで、たくさん取材を受けてきた。初日を迎えられ、本当にうれしく思う」と喜びをかみしめた。

父親の失踪で大学を除籍され、住むところもなく転落の一途をたどっていく青年・時枝修役。「今までは(ネットカフェ難民などを)耳にはしていたし、番組でも見ていたが、どこか他人事だった。けれど修を演じることで自分にもあり得ると思え、それまではスルーしていた当たり前のことに気づき、感謝できるようになった」と振り返った。

そして、「すごく大切な作品です」ときっぱり。さらに「自分のことを知ってもらうには、主演作を見てもらうのが一番。初めてやることが多かった作品だし、自分の名刺がひとつ増えた感じです」と充実感をにじませた。

大塚は、ホストになった修に貢ぐ看護師・茜役で「恋をすると女の子は変わるという部分は共感できると思う。その中で本当に持っている強さを最後に向けて出せるよう、それだけを考えてやりました」と力説。中村との大胆なラブシーンにも挑戦したが、「演じる上で大切なシーンなので、特別な感情は特にありませんでした。やるってなったら緊張でドキドキしましたけれど、2人が結ばれることによって生きがい、エネルギーになればと思いました」と女優魂を見せつけた。

佐々部監督も、「僕も12本目で初めてのラブシーンだったので不安だったけれど、2人が不安にならないためのことはした」と、撮影前日に2人に吉田拓郎の「制服」を聴かせたことを告白。そして、「皆さまが感じ取っていただいたままでけっこうです。映画は見てもらって完結するもの。今日から、皆さんがこの映画を育てていっていただきたい。それだけを切に願っています」と訴えた。

しみじみとした雰囲気の中、1人だけ常に陽気だったのが井上。最初の挨拶で「みなさんには、本当にお世話になりました」と話し、自身の楽曲「お世話になりました」をアカペラで披露し、観客にコールを要求。前日が67歳の誕生日で、佐々部監督からサプライズで花束を贈られると、さらに相好を崩し「皆に会えたのと、満員のお客さんと、それからこの札束、いや花束。うれしいことが3つもあって、思い出深い公開になりました」と話していた。

ドラマ24 なぞの転校生[Blu-ray/ブルーレイ] ドラマ24 なぞの転校生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥16,006 SFジュブナイルの傑作が「ドラマ24」で甦る! 次元を超えた友情と愛、争い、そしてそれぞれの生き様。すべてがちょっとずつ奇妙で違う世界。そんな不思議な、パラレルワールドが描かれる。出演:中村蒼
恋空 スタンダード・エディション[DVD] 恋空 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 1600万人が涙したケータイ小説を、人気若手女優・新垣結衣主演で映画化!出演:中村蒼

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi