ケビン・コスナーが明かす「エージェント:ライアン」出演の理由 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月19日 > ケビン・コスナーが明かす「エージェント:ライアン」出演の理由
メニュー

ケビン・コスナーが明かす「エージェント:ライアン」出演の理由

2014年2月19日 18:30

ケビン・コスナー(左)と演出中のケネス・ブラナー(右)「エージェント:ライアン」

ケビン・コスナー(左)と演出中のケネス・ブラナー(右)
(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「今そこにある危機」などで知られる、トム・クランシーが生んだ人気キャラクター“ジャック・ライアン”シリーズ最新作「エージェント:ライアン」で、クリス・パイン演じるライアンをCIAエージェントにリクルートするハーパー役のケビン・コスナーが、インタビューに応じた。

コスナーは、「僕が一番興味を持ったのは(本作の監督で悪役として出演する)ケネス・ブラナーだよ」と、同作への出演を決めた理由を明かす。「ちゃんとしたスタジオからのいい脚本だっていうのは分かっていたけど、ケネスはきっと人を引きつける力があるんじゃないかなと思うよ。僕たちは同じ頃にキャリアをスタートさせているからね」と言い、「彼がとても重要な人だということを知っていたし、彼が仕事をしているのを見るのは楽しかった。頼れる役者だし、今や信頼できる監督になりつつある。だから、彼から電話をもらって『映画に出演して欲しい』と言われた時は嬉しかったんだ」と振り返る。

今回シリーズが再始動した“ジャック・ライアン”シリーズだが、1990年の第1作「レッド・オクトーバーを追え!」で、コスナーはライアン役のオファーを受けていた。だが、自身の製作・監督・主演作「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に専念することを理由に断っている。

コスナーはこの決断を「正しい判断だったと思う」と語る。「あれは僕の歴史の一部なんだ。楽しかった頃のね。人生には常に選択肢が存在する。だから、もちろん『レッド・オクトーバーを追え!』をオファーされたことは、僕にとってとても大きな決断だった。スタジオが提示したのは、僕がそれまでに稼いできたお金よりも大きなお金。『ダンス・ウィズ・ウルブズ』の製作で、自分の家を担保にして準備した金額以上の大きなお金を失うことになるのにね」と当時の窮地を明かすが、その結果は周知の通り。「ダンス・ウィズ・ウルブズ」は作品賞、監督賞を含む7部門でアカデミー賞を受賞する。

俳優だけではなく、今なおプロデューサー、監督としても活躍するコスナーだけに、今作では、アクションとドラマの融合に新たな挑戦を感じていた様子だ。

「僕は脚本を読んだとき、アクションがまったく大げさじゃないと感じた。むしろ、ちょっと少なめだとも思ったんだ」と話し、最も挑戦を感じた部分について、「素晴らしい完成品が最後にできることよりも、それを超えるものへ挑もうとする時じゃないかな」と明かした。

「僕は人々の記憶に残る素晴らしい映画を作りたいんだ。どんなジャンルでも、人々は素晴らしい作品を覚えている。望んでいるのは、作品が見た人に何かをしようと思わせたり、もう一度見たい思わせるものになれるということ。そして、そう願っている映画人と一緒にそれを成し遂げたい。それがどれだけ危険で、どれだけ頭を悩まさなければならないことであってもね」

エージェント:ライアン」は、ロシアで発覚した世界規模のテロ計画を前に、デスクワークからいきなりエージェントに抜擢された新人スパイ、ライアンの肉体と頭脳を駆使した戦いを描く。現在公開中。

レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 トム・クランシー原作のベストセラー小説を映画化。アメリカ東海岸に接近するソ連の最新原子力潜水艦“レッド・オクトーバー”を巡って繰り広げられる緊迫の駆け引きを描いた、ハイテク・サスペンス!
今そこにある危機 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 今そこにある危機 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 CIAエージェント、ジャック・ライアンが戻ってきた。陰で暗躍する政治家たちの謀略を描いた、トム・クランシーの原作小説を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi