オゾンの新作「17歳」 ミステリアスな主演女優マリーヌ・バクトの素顔に迫る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月14日 > オゾンの新作「17歳」 ミステリアスな主演女優マリーヌ・バクトの素顔に迫る
メニュー

オゾンの新作「17歳」 ミステリアスな主演女優マリーヌ・バクトの素顔に迫る

2014年2月14日 19:10

モデル出身、23歳の新鋭マリーヌ・バクト「17歳」

モデル出身、23歳の新鋭マリーヌ・バクト
(C)MANDARIN CINEMA – MARS FILMS –FRANCE 2. CINEMA - FOZ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]昨年カンヌ映画祭の序盤でセンセーショナルな話題をさらった新鋭が、フランス人女優のマリーヌ・バクトだ。2月15日公開するフランソワ・オゾンの新作「17歳」で、インターネットで相手を見つけては自ら身体を売る高校生に扮し、鮮烈な印象を残した。カメラに愛される女優とはまさに彼女のような人を指すのだろう。そのもろさと妖艶さの混じったミステリアスな表情に、観客の視線は磁石のように吸い寄せられずにはいられない。現在23歳。モデル出身でイヴ・サン=ローランの香水「パリジェンヌ」のミューズを務めたことでも知られるバクトの素顔に迫った。(佐藤久理子)

——グラマラスなカンヌ映画祭でブレイクを果たし、どんな気分ですか。

「たしかに注目を浴びたかもしれないけれど、自分ではあまり気にしていないわ。あまり人から注目されて、自由がなくなるのも好きじゃない(笑)」

——映画でこれほど大役を演じたのは初めてだと思いますが、こういうキャラクターを演じることに不安はなかったですか。

「もちろんあったわ。まずこの役を自分が演じることができるか不安だった。自ら売春をするヒロインのストーリーやヌードシーンもデリケートだった。それでフランソワ(・オゾン)とよく話し合ったの。結果的に納得できたし、彼のことを信頼することができた。彼なら絶対倒錯した内容にはならないという確信が持てたわ。フランソワはひたすら彼女を見つめ、彼女のことをフォローしたかったのだと思う。これは社会学的な映画ではないし、彼はヒロインのことをジャッジしなかったから、わたしもジャッジすることなく演じた」

——彼女のことを理解できましたか。あるいは共感できる面はあったのでしょうか。

「彼女はとてもミステリアスな存在。わたしと彼女はずいぶん異なるけれど、たぶん他人との距離の取り方や、自分だけの世界をキープしようとする方法はわたしと近いところがあるかもしれない」

——本作を撮る前は、オゾンの作品について知っていましたか。

「ええ、『ふたりの5つの分かれ路』『まぼろし』『危険なプロット』などが好き。彼の映像の撮り方も魅力的だわ。映画を見たあとに深く考えさせられるような、素晴らしいクオリティを持っていると思う」

——観客としてはどんな映画が好きですか。また今後はどんな映画に出演したいですか。

「アートフィルム系の作品にひかれる。最近アレクサンドル・ソクーロフの『マザー、サン』を見て、とても感動したわ。どんなプロジェクトをやりたいか? それは監督との出会い次第ね。フィーリングが合うと感じられる監督と仕事をしていきたい。とくにハリウッドに行きたいとは思っていないの(笑)」

危険なプロット[DVD] 危険なプロット[DVD] 最安価格: ¥3,175 フランソワ・オゾンが、フアン・マヨルガの戯曲を原作にして放つサスペンスドラマ。
しあわせの雨傘 スペシャル・プライス[DVD] しあわせの雨傘 スペシャル・プライス[DVD] 最安価格: ¥991 深く真剣なテーマと複雑に絡んだ人間模様を、ユーモアたっぷりのコメディテイストと色鮮やかな世界観で描いた、フランソワ・オゾン監督×カトリーヌ・ドヌーヴ主演で贈る人生讃歌!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi