デヴィ夫人に平手打ち志願者が多数殺到「困っちゃいます!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月13日 > デヴィ夫人に平手打ち志願者が多数殺到「困っちゃいます!」
メニュー

デヴィ夫人に平手打ち志願者が多数殺到「困っちゃいます!」

2014年2月13日 14:42

メディアをにぎわせているデヴィ夫人「大統領の執事の涙」

メディアをにぎわせているデヴィ夫人
[拡大画像]

[映画.com ニュース]元インドネシア大統領夫人でタレントのデヴィ夫人が2月13日、映画「大統領の執事の涙」の公開直前イベントに登場した。TV番組での女性への平手打ち事件に、都知事選の応援に関する公職選挙法違反の疑いなど、何かとメディアをにぎわせているが、「あなたたちは変なところばかり取り上げて、私がボランティアなどをやっていることは取り上げない」と集まった報道陣に対してチクリ。そして、「最近、私の前に顔を出して『平手打ちしてください』と言う方が多くて困っちゃいます!」と騒動の思わぬ反響に苦笑していた。

映画は7人の大統領に仕えた黒人の執事の人生、父と息子のドラマを通じて、奴隷制度や公民権運動といったアメリカの歴史を描き出していく。

デヴィ夫人は本作を鑑賞し「あまりに感動して、胸にドンと来て立ち上がることができなかったです」と手放しで称賛。特に、映画で描かれる奴隷問題、人種差別に対する運動の高まりに触れ「リンカーン大統領が奴隷廃止を宣言して、奴隷はいなくなったかと思ってましたがそうではなく、売買や差別も存在していたということが克明に描かれています。彼らの苦しみ、アメリカが抱える深刻な問題がよく分かりました」と感想を述べる。

大統領夫人時代の執事の思い出を問われると「大統領官邸にはすべてを取り仕切っている執事長がいました。大統領には身の回りのすべてにおいて係がいるんですが、彼らを全部、取りまとめていて、絶大な権力を持ち、彼がいないと官邸(の機能)が停止するほどだった」と懐かしそうに振り返った。

またこの日は、曽祖父がドミニカ共和国大統領だったタレントのユージも登場。ユージはアメリカで生まれ、一時期、現地の小学校に通った経験があったというが「僕はまだ26歳なので知らないことがたくさんありました。僕らの頃には(学校には)いろんな人種の子がいて仲良くやってましたが、こういうこと(=公民権運動)があったからこそ、アメリカでいろんな人と一緒にいられるんだなと分かった」としみじみと語る。また、ユージの祖父は駐日ドミニカ大使で、当時大学生だった父親は運転手付きの生活をしていたとか。「母が、デートの時も必ず運転手さんがいて2人きりになれずに困ったという話をしてました(笑)」とセレブ一家ならではのエピソードを明かしていた。

大統領の執事の涙」は2月15日全国公開。

大統領の料理人[DVD] 大統領の料理人[DVD] 最安価格: ¥3,175 ミッテラン大統領の心を虜にした一人の女性シェフ、真実の物語!
私が愛した大統領[DVD] 私が愛した大統領[DVD] 最安価格: ¥3,201 第2次世界大戦前夜に英国王が渡米した際の歴史の裏側や、彼の偉業の裏に秘められた恋物語を描く歴史ドラマ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi