「フルートベール駅で」新鋭R・クーグラー監督「映画を通して新しい見方を提示したかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月11日 > 「フルートベール駅で」新鋭R・クーグラー監督「映画を通して新しい見方を提示したかった」
メニュー

「フルートベール駅で」新鋭R・クーグラー監督「映画を通して新しい見方を提示したかった」

2014年2月11日 09:30

初来日を果たしたライアン・クーグラー監督「フルートベール駅で」

初来日を果たしたライアン・クーグラー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米カリフォルニア州で一般の青年が警官に銃殺された事件を映画化した「フルートベール駅で」の日本最速試写会が2月10日、都内で行われ、初来日を果たしたライアン・クーグラー監督がティーチインを行った。

2009年元日、3歳の娘を持つ青年オスカーが、米サンフランシスコのフルートベール駅のホームで警官に銃殺されるまでの人生最後の1日を描き出す。「クロニクル」のマイケル・B・ジョーダンが主演を務め、サンダンス映画祭で作品賞・観客賞をダブル受賞するなど、全米賞レースで高い評価を集めた。

27歳の新鋭クーグラー監督は、実在の事件の映画化について「初めてビデオを見た時の悲しみや怒り、混乱、無力さがもとになっている」とインスピレーションの源を明かした。また、「マスコミは外側から人物に迫るけれど、それだと政治的なものなどが加味されて人物が見えにくくなる。僕は内側から外へと心がけた。その人の人間性とは、周囲との関係性から見えてくるもの。彼を知っている人にたくさん話を聞いたよ」と丁寧にオスカー像を作り上げた。

事件が起きた09年といえば、バラク・オバマ氏が初の米国黒人大統領に就任した革命的な年でもあるが、「タイミング的にもひどく困惑した。 事件が起きたベイエリアは比較的リベラルな場所として知られていてオバマへの支持も厚かったし、現実を見直さなければいけなくなった。政治的な快挙はあったけれど、民衆の面ではまだまだ状況はよくなっておらず、改革が必要」と訴えた。

フルートベール駅で」は3月21日から公開。

クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ] クロニクル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,116 ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。出演:マイケル・B・ジョーダン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi