ポン・ジュノ監督×川村元気氏がラジオ対談 「寄生獣」オープニング構想も語り合う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月10日 > ポン・ジュノ監督×川村元気氏がラジオ対談 「寄生獣」オープニング構想も語り合う
メニュー

ポン・ジュノ監督×川村元気氏がラジオ対談 「寄生獣」オープニング構想も語り合う

2014年2月10日 08:00

対談したポン・ジュノ監督と川村元気氏「寄生獣」

対談したポン・ジュノ監督と川村元気氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界167カ国での公開が決定している「スノーピアサー」(公開中)のポン・ジュノ監督と、「青天の霹靂」「寄生獣」2部作などを手がける東宝の川村元気プロデューサーが、TBSラジオ「荻上チキ Session-22」で対談していることがわかった。

ふたりの対談は、川村氏が「映画製作を始めたばかりの23歳の時、『殺人の追憶』を見て衝撃を受け、目標とする作品になった」と投げかけ、始まった。自らを「変態」と語るポン監督は、日本の漫画のセンスの素晴らしさを熱く語り、大作と小規模作の二極化が進むなかでミドルゾーンの作品開発が困難になっている日韓の映画業界の現状についても言及した。

また、ポン監督は東京の魅力について「海に面していることがユニーク」と話す。この言葉に、川村氏は「東京湾の底には1000メートルを超える深い渓谷があり、ゴジラも東京湾から上陸してきます」と返答。さらに、現在撮影中の山崎貴監督最新作「寄生獣」にも触れ「『寄生獣』の冒頭、漫画ではパラサイトが空から降ってくるのですが、『地球が生み出した生命体』という原作のコンセプトと東京湾の渓谷のイメージが僕らの中でつながって、映画ではパラサイトが地球の底から沸き上がってくるというイメージのオープニングシーンになりそうです」と明かした。

対談を終えた川村氏は、「やはりポン監督が見ている東京の景色は面白いし、『スノーピアサー』も電車の中という撮影的にはハンデになる空間をここまで面白く描いたということに感動しました。ぜひ、すべての空間を埋めるようにできている東京の街を魅力的に撮る映画でご一緒できたら」とラブコール。「私たち、いまラジオ上でビジネスの話をしましたね」と笑ったポン監督は、「『寄生獣』をひとりの漫画ファンとして、心から楽しみにしています」とエールを贈った。

スノーピアサー」は、クリス・エバンスティルダ・スウィントンジョン・ハートエド・ハリスらハリウッドで活躍する実力派俳優、韓国の至宝ソン・ガンホらが共演し、ポン・ジュノ監督にとって初の英語作品として完成させた最新作。氷河期へと突入した近未来の地球を舞台に、生き残った人類を乗せて走り続ける列車の中で起こる抗争を描いている。

2人が対談したTBSラジオ「荻上チキ Session-22」は、2月13日午後10時から放送。対談の様子は午前0時台の約1時間を使って放送予定。

母なる証明[Blu-ray/ブルーレイ] 母なる証明[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,313 誰にでも存在する“母親”を通して、独特のユーモアを交えながら傑出した映像美と強烈な心眼で人間の真実に迫った、韓国の鬼才ポン・ジュノが放つ傑作サスペンス!
グエムル-漢江の怪物-スタンダード・エディション[DVD] グエムル-漢江の怪物-スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,981 世界中を震撼させた恐怖と興奮と迫力のモンスターパニック・ムービー!監督:ポン・ジュノ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi