北島三郎、初のアニメ声優は「我ながらよくできた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月10日 > 北島三郎、初のアニメ声優は「我ながらよくできた」
メニュー

北島三郎、初のアニメ声優は「我ながらよくできた」

2014年2月10日 20:30

77歳で初めて声優に挑戦した北島三郎「ジョバンニの島」

77歳で初めて声優に挑戦した北島三郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本音楽事業者協会(音事協)創立50周年記念長編アニメ映画「ジョバンニの島」の完成披露試写会が2月10日、都内の劇場で行われ、声優を務める市村正親ユースケ・サンタマリア柳原可奈子北島三郎、子役の横山幸汰くんと谷合純矢くん、原作・脚本の杉田成道西久保瑞穂監督が舞台挨拶に立った。

北方四島における実話をもとに、ソ連軍の進駐によって引き起こされる島民たちの過酷な運命を描く。アニメーション制作を、「攻殻機動隊」シリーズや「ももへの手紙」で知られるProduction I.Gが担当。作家・宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」の主人公ジョバンニとカムパネルラから名をとられた純平と寛太の兄弟を、幸汰くん(純平)と純矢くん(寛太)が演じる。

兄弟の父親役を演じた市村は、「私も2人の息子の父親として見て、ロシアの子どもたちと日本の子どもたちが相手の国の歌を歌ったりするシーンには心が温かくなった。うちの長男も非常にハマり、翌日仕事があると目が腫れちゃって仕事にならない。忘れていたものを思い起こさせてもらった気がしてとても幸せ」と挨拶した。

北島は兄弟の祖父役を演じ、「ドラマも映画も色々やってきたけれど、77歳で初めて声優に挑戦。とっても楽しくて、映像を見ると涙が出る。我ながらよくできた」と自画自賛。兄弟の叔父役のサンタマリアも、「実写の声はやったことがあるけれどその映画が大コケして打ち切りになっちゃって、もう声の仕事は来ないかなと思ってた(笑)。ムードメイカーで楽しい男なんだけど、次の時代を考える頭の良さや優しさが裏にしっかりある。人間味あふれる男」と猛アピールした。

「北の国から」の演出家としても知られる原作者の杉田は、「北方四島の色丹島で起きた終戦後の話。当時、日本人は過酷な状況の中でも希望をもち、生きる希望をもって時代を生き抜いていた。子どもたちには生きるエネルギーがあり、大人より力強く国境や人種を超えていく。次の世代に伝えていくバトンになれたら」と熱く語った。「アタゴオルは猫の森」「宮本武蔵 双剣に馳せる夢」などを手がけてきた西久保監督も、「こんなに豪華な役者さんに声をやってもらうの初めて。情感がよく出ていると思う。主人公の生きた時代を追体験してもらえればうれしい」と客席に語りかけた。

ジョバンニの島」は2月22日全国公開。

ももへの手紙[DVD] ももへの手紙[DVD] 最安価格: ¥3,175 豊かな自然と優しい人々が生きる瀬戸内の小さな島を舞台に、少女に訪れる不思議な日々を描いた家族の愛の物語。
銀河鉄道の夜[DVD] 銀河鉄道の夜[DVD] 最安価格: - 宮澤賢治の名作童話「銀河鉄道の夜」を劇場アニメ化した珠玉のファンタジー作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi