「1/11 じゅういちぶんのいち」予告で池岡亮介がひたむきな主人公を好演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月10日 > 「1/11 じゅういちぶんのいち」予告で池岡亮介がひたむきな主人公を好演
メニュー

「1/11 じゅういちぶんのいち」予告で池岡亮介がひたむきな主人公を好演

2014年2月10日 18:40

話題の泣けるコミックが実写映画化「1/11 じゅういちぶんのいち」

話題の泣けるコミックが実写映画化
(c)2014 中村尚儁/集英社
・「1/11 じゅういちぶんのいち」サポーターズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手俳優集団「D-BOYS」の池岡亮介の主演で、中・高校生を中心に人気の漫画を実写映画化する「1/11 じゅういちぶんのいち」の予告編がこのほど完成し、まっすぐなひたむきさが印象的に残る主人公の姿がお披露目された。

自分の才能に限界を感じ、中学卒業と同時にサッカーを辞めると決意した安藤ソラが、女子日本代表の若宮四季との出会いにより、内に眠っていた何かが突き動かされていく姿を描く。ミュージカル「テニスの王子様」などで人気の池岡がソラに扮し、キーパーソンである四季役を、「仮面ティーチャー」や「ゆめのかよいじ」など映画やドラマに多数出演し、「non-no」専属モデルを務める竹富聖花が演じる。

予告編では、出演者でもある上野優華が歌う主題歌「Dear my hero」にのせ、ソラをとりまくキャラクターたちが紹介されていく。それぞれが自分の夢や好きなことと向き合い、悩みを抱えながらも打ち込む姿が清々しく描かれ、前向きなメッセージが詰まった映像になっている。

中村尚儁氏による原作コミックは、「ジャンプスクエア」(集英社刊)に連載中で、単行本既刊7巻が累計60万部を突破する人気作。「日経エンタテイメント」(2012年8月号)の「男に売れてる本、女が読みたい本」特集で「エンタメ!編集部が自信をもって薦めたい2012年度“今旬”ベストマンガ8」に選出された。映画では、片岡翔監督がメガホンをとり、「D-BOYS」の弟分的存在の「D2」に所属する阿久津愼太郎、西武ライオンズなどで活躍した工藤公康氏の長男でNHK大河ドラマ「八重の桜」で俳優デビューを果たした工藤阿須加ら共演する。

1/11 じゅういちぶんのいち」は、4月5日からシネ・リーブル池袋、TOHOシネマズ川崎ほか全国で公開。

ゆめのかよいじ[DVD] ゆめのかよいじ[DVD] 最安価格: ¥3,201 1987年に少年画報社「ヤングキング」に連載され、2001年9月に角川書店から復刊された、20年以上経った今も根強いファンを持つ大野安之の「ゆめのかよいじ」が実写映画化!出演:竹富聖花
D2 The First Message #4 池岡亮介×志尊淳[DVD] D2 The First Message #4 池岡亮介×志尊淳[DVD] 最安価格: ¥3,459 人気俳優集団D-BOYSの弟分“D2”のメンバーとして活躍する池岡亮介と志尊淳の魅力を詰め込んだパーソナルDVD。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi