「あの頃ペニー・レインと」C・クロウ監督、フィリップ・シーモア・ホフマンを追悼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月6日 > 「あの頃ペニー・レインと」C・クロウ監督、フィリップ・シーモア・ホフマンを追悼
メニュー

「あの頃ペニー・レインと」C・クロウ監督、フィリップ・シーモア・ホフマンを追悼

2014年2月6日 12:50

「あの頃ペニー・レインと」ホフマンさん出演シーン「あの頃ペニー・レインと」

「あの頃ペニー・レインと」ホフマンさん出演シーン
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャメロン・クロウ監督が、2月2日に急逝したフィリップ・シーモア・ホフマンさんが自作「あの頃ペニー・レインと」(2000)に出演した際のエピソードを自身のウェブサイト「The Uncool」で披露し、ホフマンさんを追悼した。

あの頃ペニー・レインと」は、15歳で「ローリング・ストーン」誌のライターとなったクロウ監督自身の経験が反映された、青春音楽映画の傑作。そのなかでホフマンさんは、15歳の主人公ウィリアム(パトリック・フュジット)のメンターとなる、実在した伝説のロックジャーナリスト、レスター・バングスを演じた。

映画終盤の名シーンのひとつが、バンドのツアー同行記を書きあぐねたウィリアムが、レスターに電話をかけるシーン。レスターは悩むウィリアムに対して、「ロックミュージシャンと親しくなって、自分まで格好よくなった(Cool)ように思うかもしれないが、俺たちは格好悪い(Uncool)。(ロックスターのように)女にモテなくて苦労するけど、世界中の偉大な芸術のほとんどはそのことがテーマなんだ」と静かに優しく語りかける。

クロウ監督は、「PSH」のタイトルをつけた追悼文のなかで、このシーンについて「私の当初の解釈では、このシーンはレスター・バングスが深夜に自分の信条をまくしたて、叱咤激励するようなイメージだった。ところが、フィルの手にかかったことで、まったく異なるものになった」と回想する。

「それは、ともに岐路に立ち、傷つき、夜更かしをしているふたりの男が、静かな真実を共有する姿だった。そして、このシーンが映画の魂になった。テイクの合間、ホフマンは誰とも話そうとしなかった。彼はずっと、ヘッドホンから聞こえるレスター本人のインタビューの言葉に耳を傾けていた。このシーンの撮影が終わったとき、私はホフマンが魔法のような手品を成功させたことに気づいた。セリフや脚本を超えて、ほとんどの人が知らない、本当のレスターの魂と思いやりの心を引き出したことに。その瞬間、レスター・バングス像は完全なものになった。クルーも私も、この天才の営みを最前列で目撃できたことに、永遠に感謝しつづけるだろう」。

ちなみに、レスター・バングス本人も薬物の過剰摂取により、33歳の若さで、ニューヨークで亡くなっている。

あの頃ペニー・レインと[DVD] あの頃ペニー・レインと[DVD] 最安価格: ¥1,000 製作・監督・脚本を務めるキャメロン・クロウの自叙伝的な青春ドラマ。15歳でローリングストーン誌の記者となった少年の恋を描く。監督:キャメロン・クロウ
ザ・エージェント[DVD] ザ・エージェント[DVD] 最安価格: ¥1,000 人生の挫折を乗り越えるスポーツ・エージェントをトム・クルーズが名演した感動のヒューマン・ドラマ。監督:キャメロン・クロウ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi