PFF受賞作「山守クリップ工場の辺り」がロッテルダム国際映画祭でグランプリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月5日 > PFF受賞作「山守クリップ工場の辺り」がロッテルダム国際映画祭でグランプリ
メニュー

PFF受賞作「山守クリップ工場の辺り」がロッテルダム国際映画祭でグランプリ

2014年2月5日 07:30

「山守クリップ工場の辺り」の一場面「山守クリップ工場の辺り」

「山守クリップ工場の辺り」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「第35回PFFぴあフィルムフェスティバル」のコンペティション部門「PFFアワード2013」で、審査員特別賞を受賞した「山守クリップ工場の辺り」(池田暁監督)が、ロッテルダム国際映画祭のコンペティション部門「タイガーアワード」でグランプリを受賞した。昨年のバンクーバー国際映画祭コンペティション部門グランプリ受賞に続く快挙となった。

ロッテルダム国際映画祭は新人監督の登竜門的な存在として知られ、多くの若手映像作家の作品を紹介している。「タイガーアワード」は、長編初監督作または第2作に限定されており、過去にはクリストファー・ノーラン監督、ホン・サンス監督、橋口亮輔監督らがグランプリを受賞している。

本年度はイスラエルの名匠、エリア・スレイマン監督が審査員長を務め、「精密で無駄を省いた挑戦的作品。この作品は人間の行動における不合理を観察し、詩的な領域に昇華している」と本作を絶賛。そのほか審査員はナヌーク・レオポルド監督、エドウィン監督、「ブエノスアイレスインディペンデント国際映画祭」のプログラマであるビオレッタ・バーバ、そして「おだやかな日常」「ほとりの朔子」など女優・プロデューサーとして活躍する杉野希妃の5名。

映画は手作業でクリップを生産する工場を舞台に、見たことも聞いたこともない飲食物、いつかもわからない時代設定で、希望もない日々を淡々と生きる人々に起きる些細な出来事を独特の世界観で描く。

山守クリップ工場の辺り」は「第35回PFF」の福岡会場(会期:4月25~27日)で上映される。

おだやかな日常[DVD] おだやかな日常[DVD] 最安価格: ¥3,292 東日本大震災後の東京郊外を舞台に、放射能の不安にさらされる2人の女性を描くヒューマンドラマ。出演:杉野希妃
セブン・デイズ・イン・ハバナ[DVD] セブン・デイズ・イン・ハバナ[DVD] 最安価格: ¥3,352 ハバナを初めて訪れたアメリカ人青年の体験記や、海外からやってきた著名映画監督と地元タクシー運転手の間に芽生えた友情劇など全7編の物語を描く。アカデミー賞男優・ベニチオ・デル・トロ初監督となる作品。監督:エリア・スレイマン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi