浅草六区再生プロジェクト ビートたけし協力のシンボルマークお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月31日 > 浅草六区再生プロジェクト ビートたけし協力のシンボルマークお披露目
メニュー

浅草六区再生プロジェクト ビートたけし協力のシンボルマークお披露目

2014年1月31日 19:05

ビートたけしが協力したシンボル マークでつくったバルーン人形

ビートたけしが協力したシンボル
マークでつくったバルーン人形
(c)六区ブロードウェイ商店街(振)
(c)(株)オフィス北野
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・台東区の浅草六区誕生130周年記念事業「浅草六区再生プロジェクト For the future of the "Rock"」の一環として1月31日、ビートたけしの描いた絵画をベースにした、シンボルマークがお披露目された。

シンボルマークは、たけしが描いたユーモラスな画を用いたデザイン。六区ブロードウェイ商店街振興組合熊澤永行代表理事によれば、たけしにシンボルマーク制作協力を依頼した際、たけしは「画家じゃないから……」と謙遜しながらも「肖像権や著作権はいらない。これで通りが有名になってくれればいい」と話し、快諾してくれたそうだ。

シンボルマークの発表にあたり、たけしからは「オイラにとっては、浅草六区は芸人としての原風景だし、先輩や後輩たちの汗の染み付いた土地だからさ。こんな自分でも浅草盛り上げるのに一翼を担えるなんてありがたいこっちゃ!と思い、シンボルマークに協力させていただきました」とコメントが寄せられた。

シンボルマークは歴史資産と融合し、未来に向けた興行街として変貌する浅草六区の周知を狙って制作されたもので、記念フラッグやバルーン人形が設置されるほか、街歩き用に浅草六区の歴史を解説した「浅草今昔マップ」が商店街はじめ各所で配布される。

キッズ・リターン 再会の時[DVD] キッズ・リターン 再会の時[DVD] 最安価格: ¥410 ビート・たけし原案、今なお日本映画の金字塔として語り継がれる「キッズ・リターン」その後の物語を、シンジ役に平岡祐太、マサル役に三浦貴大を迎えて映画化。
座頭市[DVD] 座頭市[DVD] 最安価格: ¥3,201 第60回ベネチア国際映画祭・最優秀監督賞を受賞した北野武監督の第11作がリリース!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi