ディカプリオが羽田空港に到着!到着ロビーは黄色一色に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月28日 > ディカプリオが羽田空港に到着!到着ロビーは黄色一色に
メニュー

ディカプリオが羽田空港に到着!到着ロビーは黄色一色に

2014年1月28日 07:48

ロビーに詰めかけたファンとの交流を楽しんだディカプリオ「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

ロビーに詰めかけたファンとの交流を楽しんだディカプリオ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優レオナルド・ディカプリオが1月27日、第86回アカデミー賞で主演男優賞ほか全5部門ノミネートを果たした「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のプロモーションのため、共演のジョナ・ヒルとともにプライベートジェット機で羽田空港に降り立った。

深夜にも関わらず到着ロビーでは、多くの報道陣と女性ファンを中心したファン約1000人がディカプリオの到着を歓迎。2人が姿を現した途端に歓声が沸き起こり、「レオー!」「Welcome to Japan!」など、熱い人気をうかがわせる声援があちこちから送られた。

ディカプリオとヒルは、ファンから差し出される色紙やサイン帳に丁寧にサインに応じるなど、ひとときのファンとの交流を楽しんだ様子。ファンの中には、朝8時から待ちわびていたという若い女性や、ディカプリオの顔が刷り込まれたドル札を自作して黄色いTシャツに貼り付けたファンも。また可愛らしい黄色の花束を持って到着を待つ子どもの姿もあり、到着ロビーが同作を象徴する黄色一色に染まった。ディカプリオは報道陣の取材にも快く応じ、「日本に戻って来られて、非常に嬉しい」とコメントを寄せた。

ジャンゴ 繋がれざる者」のPR以来10カ月ぶり9度目の来日となるディカプリオと初来日のヒルは、ひと足早く到着していたマーティン・スコセッシ監督と合流し、1月28日にジャパンプレミア、29日に会見に出席の予定。主演のみならず製作にも名を連ね、映画化権の獲得から完成まで実に8年という歳月をかけたディカプリオの渾身作。

本作を最後にしばらくの休業に入ることに加え、主演男優賞、助演男優賞、監督賞にノミネートされている3人がそろい踏みするということでも、今回の来日には高い注目が集まっている。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、1月31日から全国で公開。

シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] シャッター アイランド スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 「ミスティック・リバー」の人気作家デニス・ルヘインによる原作を、マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に映画化。
タイタニック<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ] タイタニック<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 豪華客船で出会った身分違いの男女の切なくも美しい愛を描いたジェームズ・キャメロン監督の大ヒット巨編。出演:レオナルド・ディカプリオ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi