向井理&片桐はいり、姉弟役で映画初共演!西田征史が初メガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月28日 > 向井理&片桐はいり、姉弟役で映画初共演!西田征史が初メガホン
メニュー

向井理&片桐はいり、姉弟役で映画初共演!西田征史が初メガホン

2014年1月28日 05:00

「小野寺の弟・小野寺の姉」に 主演する向井理と片桐はいり「小野寺の弟・小野寺の姉」

「小野寺の弟・小野寺の姉」に
主演する向井理と片桐はいり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の向井理と女優の片桐はいりが、脚本家の西田征史が自らの著書を監督として映画化する「小野寺の弟・小野寺の姉」で映画初共演を果たしていることがわかった。

2人は、昨年7~8月に西田監督が演出した同名舞台で共演しており、息もぴったり。「はいりさんとはしゃべっている時もそうでない時も、とにかく自然にいられますね。普通に姉ちゃんといる感じなんです」(向井)、「なんだか本当の弟みたいな気持になっていて、お会いしないときは、ちゃんとゴハン食べているかなって気持ちになります(笑)。一緒にいて安心できる存在です」(片桐)。

同作の主人公は、早くに両親を亡くしてからずっと一緒に暮らしてきた小野寺進(弟/33歳)と小野寺より子(姉/40歳)。進は失恋の痛手から抜け出せないことを姉のより子にとやかく言われながらも、いい距離感を保ちながら暮らしていた。ある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便が届いたことをきっかけに、それぞれの恋と人生が動き始める。

西田監督の映画脚本デビュー作「ガチ☆ボーイ」に出演していた向井は、「初監督とはとても思えないですね。もともと頭のいい方なのですが、すごく堂々としていらっしゃって、やりやすいですし安心ですね」と全幅の信頼を寄せる。さらに、「監督自身が原作と脚本を書かれているので、行間の面白さをどう演出していただけるんだろうという楽しみもありました」と振り返っている。

一方の片桐も、「そのまま監督にお任せしますっていう気持ちでいます。基本的にワンシーンワンカット、1回で撮られることが多くて、お芝居に近い感じがしてやりやすいですね」とコメントを寄せる。これまでに何度か監督のオファーを受けていたという西田監督は、「やらせていただくなら自分のオリジナルがいいなと思っていたので、今回この作品ならやりたいことができるかなと思い、決意いたしました」と説明。撮影中は進とより子のことだけを考えて過ごしたといい「毎日とても楽しく、変な話ですけど、生きていて良かったです」と話した。

小野寺の弟・小野寺の姉」は、今秋に全国で公開。

小野寺の弟・小野寺の姉 -お茶と映画-[DVD] 小野寺の弟・小野寺の姉 -お茶と映画-[DVD] 最安価格: ¥4,845 片桐はいり、向井理初共演の舞台作品。人の世話をするのが好きで、男性には消極的な姉。良い奴なのにちょっと無愛想で無頓着な弟。そんな姉弟のささやかで温かな、そしてちょっとおかしい、他愛のない1日を描いたハートフル・ヒューマン・コメディ。
ガチ☆ボーイ スタンダード・エディション[DVD] ガチ☆ボーイ スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 佐藤隆太主演で贈る、涙あり笑いありの青春ガチンコ☆グラフィティー!出演:向井理

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi