吉永小百合がオファー!初プロデュース作ポスターの題字・絵は和田誠 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月26日 > 吉永小百合がオファー!初プロデュース作ポスターの題字・絵は和田誠
メニュー

吉永小百合がオファー!初プロデュース作ポスターの題字・絵は和田誠

2014年1月26日 05:00

和田誠氏が題字・絵を手がけた 「ふしぎな岬の物語」ポスター「ふしぎな岬の物語」

和田誠氏が題字・絵を手がけた
「ふしぎな岬の物語」ポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する映画女優・吉永小百合が、成島出監督とともに初めてプロデュースを手がける作品「ふしぎな岬の物語」のポスタービジュアルが完成した。題字・絵を担当したのはイラストレーターの和田誠氏。オファーを出した吉永は、「とても贅沢なポスターになりました。映画もポスターに負けないような素敵な作品にしたいと思います」とコメントを寄せている。

原作は、森沢明夫氏の「虹の岬の喫茶店」が原作。海と花畑に囲まれ、穏やかな生活が日々営まれている里が舞台となる。その岬の先端に立つ小さなカフェに集う人々と女主人の心温まる交流が描かれる。カフェの女主人・悦子を吉永、悦子を献身的に守り続けるおいの浩司を阿部寛、カフェに30年間通い続ける人情派のタニさんを笑福亭鶴瓶が演じる。

2人は旧知の間柄で、写真集の構成を手がけたことのある和田氏は昨年9月、吉永から原作書籍と実在の喫茶店の写真、手紙が届いたという。「吉永さんは主演だけでなく企画にも携われていて、声をかけてもらったのは素直に嬉しかったです。ビジネスではなく、僕からのプレゼントのつもりで題字・絵を描きました」と述懐する。

ポスターは、水平線上に見事な虹がかかったビジュアルで、「こんな懐かしい里あったっけ!?」というキャッチコピーが掲出されている。1日で完成させたという和田氏は、吉永について「俳優としても個人としても、自分の思いや考えを真摯に伝える姿勢は、なかなかマネのできないことです。元来、プロデュース能力に長けている方だとお見受けしていて、吉永さんならば、この作品の企画者としても演技者としても、的確な意見を述べられると思います」と語っている。

ふしぎな岬の物語」は、2014年秋に全国で公開。

おとうと[DVD] おとうと[DVD] 最安価格: ¥3,201 東京の郊外で、夫の亡き後小さな薬局を営み堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題を起こしてきた弟の再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜながら描いた、山田洋次監督が贈る感動作。出演:吉永小百合
八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,391 直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が衝撃の映画化!監督:成島出

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi