生き残った人類に希望はあるのか?「猿の惑星」最新作、映像が到着 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月24日 > 生き残った人類に希望はあるのか?「猿の惑星」最新作、映像が到着
メニュー

生き残った人類に希望はあるのか?「猿の惑星」最新作、映像が到着

2014年1月24日 12:02

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の一場面「猿の惑星」

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の一場面
(C) 2014 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気SFシリーズの第1作「猿の惑星」の前章を描いた「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の最新映像が、公開された。前作を上回るスケールを予感させる、緊迫感あふれる場面が矢継ぎ早に展開される。

前作のルパート・ワイアット監督に代わり、「クローバーフィールド HAKAISHA」「モールス」のマット・リーブス監督がメガホンをとった。屋外でのパフォーマンスキャプチャーが採用され、多くのシーンがバンクーバー、ニューオリンズでのロケーションで撮影が敢行されたほか、「アバター」の技術スタジオ「WETA」がデジタル処理を手がけ、猿の感情といった内面まで描き切っている。

ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラムで知られるパフォーマンスキャプチャーの第一人者、アンディ・サーキスが主人公の猿シーザー役で続投。ほかにジェイソン・クラークゲイリー・オールドマンケリー・ラッセルらが共演している。

舞台は、前作から10年後の世界。自らが生み出したウイルスによって死に追いやられた人類の生き残り、独自の文明を築き上げたシーザー率いる猿たちが、コミュニティを形成。衰退の一途をたどる人類に対し、猿たちは日々数を増やし、ついにはバランスが崩壊してしまう。

希望を取り戻すために対話を望む人類と、人類との接触を避けてきた猿。最新映像では、文明を再建しようと模索するわずかな人類、シーザーを中心に進化し続けている猿をとらえた。映像の後半では、シーザーの物々しい表情や銃撃戦の一部も収められており、新たな戦いの幕開けを予感させる。

猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、今秋に全国で公開。

猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケー...[DVD] 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケー...[DVD] 最安価格: - すべてはここから始まった…。なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか?!その真相に迫る。ピーエル・ブール原作の猿が支配する惑星に不時着した宇宙飛行士を描いたSF映画シリーズ『猿の惑星』から、その起源に迫った作品が登場!!
モールス[Blu-ray/ブルーレイ] モールス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 雪に閉ざされた町。隣に越してきた裸足の少女。残酷な連続猟奇殺人。最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー。監督:マット・リーヴス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi