元AKB増田有華「男くさい撮影現場」に汗ふきシートを差し入れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月19日 > 元AKB増田有華「男くさい撮影現場」に汗ふきシートを差し入れ
メニュー

元AKB増田有華「男くさい撮影現場」に汗ふきシートを差し入れ

2014年1月19日 20:35

舞台挨拶に立った増田有華「呪報2405 ワタシが死ぬ理由(ワケ) 劇場版」

舞台挨拶に立った増田有華
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルグループ「AKB48」の元メンバー・増田有華が1月18日、池袋シネマ・ロサで行われた主演作「呪報2405 ワタシが死ぬ理由(ワケ) 劇場版」の初日舞台挨拶に登壇した。2012年に関西テレビで放送された1話完結型のホラードラマ「呪報2405」の劇場版。「現場は和気あいあいとした雰囲気だった」と振り返り、「でも、ときどき男の人が頑張っている匂いがすることも。汗ふきシートを差し入れすると、男性陣から『おれらがくさいってこと?』と言われて(笑)」と話していた。

番組出演後に記憶を失い、気づけば病院に監禁されていたニュースキャスター・玲花(増田)が体験する悪夢と恐怖を描く。キャスター役に挑み「ちょっと機械的なしゃべりを意識した。1度だけリハーサルで『滝川クリステルです』ってやってみた(笑)」と役作りを語った。

舞台挨拶には増田をはじめ、瑠東東一郎監督、主題歌「ひつじ屋さん」を手がける女性4人組バンド「赤い公園」が登壇。ドラマ版でも演出を担当した瑠東監督は「ホラー映画といえばCGを使う作品が多いが、今回はほぼCGに頼らず、役者さんの演技で怖さを表現する骨太なジャパニーズホラーになった」と誇らしげ。「こだわったのは、舞台となる病院探し」だといい、増田も「撮影後には取り壊されるような場所で、地下にある調理場は暗いし、カビくさいしで……」と不気味がっていた。

主題歌の作詞作曲を手がけた「赤い公園」のメンバー・津野米咲は、「そんなつもりはないが、普段から曲が怖いと言われる。今回は本気で怖い曲を作ろうと、眠れないときにパッと思いついた」。増田は「寝る前に聞いたら、逆に眠れなくなった。そもそも『ひつじ屋さん』って何なん?」と質問していた。

高校デビュー スタンダード・エディション[DVD] 高校デビュー スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,991 恋に恋い焦がれ、恋に悩む全ての恋愛女子の想いを乗せた、河原和音の人気コミックを『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』のスタッフが実写映画化!出演:増田有華
リミット DVD BOX[DVD] リミット DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥12,147 極限の状況の中で、生き残りをかけたサバイバル・サスペンス。出演:増田有華

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi