二階堂ふみ「ほとりの朔子」封切りに「ドキドキして眠れなかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月18日 > 二階堂ふみ「ほとりの朔子」封切りに「ドキドキして眠れなかった」
メニュー

二階堂ふみ「ほとりの朔子」封切りに「ドキドキして眠れなかった」

2014年1月18日 14:41

舞台挨拶に立った二階堂ふみ「ほとりの朔子」

舞台挨拶に立った二階堂ふみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 二階堂ふみ主演の青春映画「ほとりの朔子」が1月18日、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで封切られ、二階堂をはじめ、鶴田真由太賀深田晃司監督、杉野希妃プロデューサーが初日舞台挨拶に立った。二階堂と鶴田は、フランスのナント三大陸映画祭の最高賞「金の気球賞」と「若い審査員賞」のトロフィーを手に登場し、ダブル受賞の快挙を観客と分かち合った。

大学受験に失敗し現実逃避をしていた朔子(二階堂)が、叔母(鶴田)に誘われ自然豊かな避暑地を訪れ、海と山のほとり、大人と子どものほとりで揺れ動くさまを繊細なタッチで描く。二階堂は、「昨日はドキドキして眠れなかったので、朝起きられるか心配だった(笑)。こんなに初日に見に来てくれて幸せ」と満席の会場に笑顔を浮かべた。

歓待」(2010)で注目を集めた深田監督は、本作が長編4作目となり「毎回作り方は変わらないタイプだけど、今回は“この人たちを撮りたい”というのが1番のモチベーションだった。映っている人間を見てほしい」と語った。

二階堂は、“素”を感じさせる朔子役を「表でもない裏でもない真ん中のところにいて、良い意味で浮遊感のある役。川のせせらぎのように現場の自然な時間が流れていて、生活の営みを垣間みるような感じ。場の空気感を大事にしながら演じた」と述懐。鶴田も、「深田さんの才能あふれる作品で、じわじわと心に染みてくる映画。深田さんは何よりもナチュラルな会話を大切にされていて、人間を見る目線と優しさが感じられる。私にとっても節目になるような作品になった」と感慨深げだった。

ほとんどの作品でプロデュースと出演をこなす杉野は、「“二足のわらじ”という言葉があまり好きではない。映画に携わっている人間として、現場でも映画を作り上げている。皆さんに助けられながら楽しんでやっていた」と自然体。そして、「ベストキャスティングができたという自信がある。最近では見られないような日本映画。旅をしているような気持ちで楽しんで」と語りかけた。

地獄でなぜ悪い(コレクターズ・エディション)[Blu-ray/ブルーレイ] 地獄でなぜ悪い(コレクターズ・エディション)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 対立するふたりの男を中心に女優(くずれ)と映画監督(くずれ)と通りすがりの普通の男(家電オタク)が絡み合い、生まれるはずのない愛情とパッションがほとばしる!出演:二階堂ふみ
マジック&ロス[DVD] マジック&ロス[DVD] 最安価格: ¥3,201 杉野希妃×ヤン・イクチュン×キム・コッピ主演で贈る新世代アジアン・ムービー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi