長谷川和彦監督、弟子・斎藤久志監督は「俺には撮れない映画を撮る」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月18日 > 長谷川和彦監督、弟子・斎藤久志監督は「俺には撮れない映画を撮る」
メニュー

長谷川和彦監督、弟子・斎藤久志監督は「俺には撮れない映画を撮る」

2014年1月18日 14:06

トークショーに出席した長谷川和彦監督「なにもこわいことはない」

トークショーに出席した長谷川和彦監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “ゴジさん”の愛称で知られる鬼才・長谷川和彦監督が1月17日、東京・新宿のK's cinemaで行われた斎藤久志監督作「なにもこわいことはない」のトークイベントに出席。「太陽を盗んだ男」以降、35年間に渡り沈黙を貫いている長谷川監督は、弟子である斎藤監督に「嫉妬もある。映画を撮れていることと、俺には撮れない映画を撮るなと」と称え、「長谷川も頑張ります」と期待される新作に向け、決意を新たにしていた。

同作は、子どもを持たずに2人きりで生きることを選んだある1組の夫婦の穏やかな日々を通じ、平凡な日常に潜む孤独やエゴをあぶり出したドラマ。昨年、第26回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品された。

長谷川監督は、「よくこんなにじっと女の子を見つめられるよな。ストーカーみたいなやつだな(笑)。でもストーカーってやっぱり表現行為なんだよな。表現ってもともとそういうもんだろ」と持論を展開し、「俺は別のタイプの犯罪者。男の子をじっと見たい」と“趣向”を明かした。斎藤監督は、「ゴジさんは見ているって言うよりは(主人公に)なってますもんね。主人公を自分にしなきゃイヤっていう、僕はむしろ希有な作家だと思う」と語った。

長谷川監督の鮮烈なデビュー作「青春の殺人者」(1976)は、ブルーレイ化&再DVD化決定が発表されたばかりで、寡作ながらも熱烈なファンは健在。長谷川監督は「抵抗を感じる部分もある」と前置きした上で、「うたた寝している女もかわいらしく撮れていたな。寝顔をかわいらしく撮れるってすごいな」と褒め言葉を送った。長谷川監督に「怒られるのが習慣」という斎藤監督は、安堵の表情を浮かべていた。

なにもこわいことはない」は31日までK's cinemaで上映。18日からは、神奈川・横浜のシネマジャック&ベティでも公開となる。

太陽を盗んだ男[DVD] 太陽を盗んだ男[DVD] 最安価格: ¥1,873 ごくごく普通の中学教師が、プルトニウムを盗み出して自らの手で原爆を作り上げ、国家に挑戦していく姿を描いた、伝説の監督・長谷川和彦による反体制的ピカレスク・ロマン。
悪魔のようなあいつ DVDセット1[DVD] 悪魔のようなあいつ DVDセット1[DVD] 最安価格: ¥16,072 1975年TBS系にて放映された、沢田研二主演の名作ドラマが初ソフト化! 脳腫瘍を患い、発作と闘いながら時効を待つ3億円事件の犯人の青年を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi