村上龍監督第4作「トパーズ」が23年ぶりにリバイバル上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月17日 > 村上龍監督第4作「トパーズ」が23年ぶりにリバイバル上映
メニュー

村上龍監督第4作「トパーズ」が23年ぶりにリバイバル上映

2014年1月17日 08:15

バブル期の東京を描くエロティックロマンス「トパーズ」

バブル期の東京を描くエロティックロマンス
(C)2014JVD/Ryu Murakami Office
[拡大画像]

[映画.com ニュース]芥川賞作家の村上龍氏が自らの著作を映画化した監督第4作「トパーズ」(1992)が、23年ぶりに35ミリニュープリント版でリバイバル上映される。

情報、金、過剰な快楽といった欲望にあふれかえるバブル期の東京の中で、自らの存在意義や新しい価値を求めてさまようコールガールの女性アイの姿を描いたエロティックロマンス。高級SMクラブでコールガールとして働くアイは、占い師の助言に従いトパーズの指輪を買う。毎夜さまざまな男たちの間をさまようアイは、ある日、美しく誇り高いSM嬢のサキと出会う。

オーディションで抜てきされた二階堂ミホが主演を務め、写真家の加納典明、小説家の島田雅彦、現代美術家の草間彌生、歌手の三上寛ら異色のキャストが顔をそろえる。音楽は坂本龍一が担当した。

村上氏は今回のリバイバル上映にあたり、「わたしは今でも、気分が落ち込だときなどに、あるシーンを見ることがある。女王様サキが、主人公のSM嬢アイを豪壮な自宅に招待し、料理やワイン、それにさまざまなドラッグを振るまったあと、バイブレーターをマイク代わりに持ち、『恋のバカンス』を歌いながら踊る、というシーンだ。『恋のバカンス』は60年代を代表する歌謡曲の傑作であり、天野小夜子演じるサキの演技とダンスは、 いろいろな意味で、80年代末の日本社会の爛熟と頽廃を象徴している。高度成長まっただ中の60年代、一直線にバブルに向かう80年代末、その組み合わせは、『決して戻ってこないもの』『絶対に取り戻すことができないもの』の存在を、甘美な感傷として、わたしに思い起こさせるのである」とコメントを寄せている。

トパーズ」は2月1日から新宿K'sシネマほか全国順次上映。

トパーズ/TOKYO DECADENCE[DVD] トパーズ/TOKYO DECADENCE[DVD] 最安価格: ¥3,175 小説『限りなく透明に近いブルー』で鮮烈なデビューを果たした村上龍が自身の作品を映像化!
69 sixty nine[DVD] 69 sixty nine[DVD] 最安価格: ¥2,237 ベトナム反戦運動が高まる1969年の長崎・佐世保を舞台に、退屈な日常から逃れるべく“バリケード封鎖”などデタラメな計画を立てる高校生たちの姿を描いた、村上龍の同名小説を映画化した青春ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi