宮崎駿監督、幻の作品「ユキの太陽」がイオン全76劇場で上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月9日 > 宮崎駿監督、幻の作品「ユキの太陽」がイオン全76劇場で上映
メニュー

宮崎駿監督、幻の作品「ユキの太陽」がイオン全76劇場で上映

2014年1月9日 09:30

引退を表明した宮崎駿監督

引退を表明した宮崎駿監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イオンエンターテイメントは全76劇場で、宮崎駿監督の幻の作品「ユキの太陽」を12月26日から上映している。「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)上映前の幕間に、1月13日まで期間限定で上映する。イオンシネマ限定、映画館では初上映となる。

「ユキの太陽」は、漫画家ちばてつや氏の同名漫画のアニメ化が40年以上前に検討された際、宮崎監督が初めて「監督」として取り組んだ作品。パイロットフィルムとして製作された約5分の短編。(文化通信)

となりのトトロ[DVD] となりのトトロ[DVD] 最安価格: - 昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈る大ヒット・ファンタジーアニメ。
もののけ姫[Blu-ray/ブルーレイ] もののけ姫[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,327 室町時代の日本を舞台に人間と自然の戦いを壮大なスケールで描いた、スタジオジブリの宮崎駿監督が贈る名作アニメ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 日本で一番悪い奴らの評論 日本で一番悪い奴ら 綾野剛は荒んだ心象風景の中でこそ精彩を放つ稀有な俳優である
  • 疑惑のチャンピオンの評論 疑惑のチャンピオン ヒーローの裏の顔、ドーピングの実態とスポーツビジネスの闇を暴く衝撃作
  • 二重生活の評論 二重生活 “理由なき尾行”にのめり込む女性を、門脇麦が緩急自在に演じきる
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社トランスフォーマー

求む、やる気満々でポジティブな……オタク!

職種映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験も可)

有限会社DROP.

「映画って、やっぱり面白い。」その気持ち、仕事にしませんか?

職種映画宣伝パブリシスト

ACクリエイト株式会社

好きなことを選ぶ。その勇気が仕事のモチベーションになる。

職種日本語版制作(字幕/吹替)進行アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi