2013年「テッド」に続き、14年は「ヌイグルマーZ」がクマ旋風を巻き起こす? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月31日 > 2013年「テッド」に続き、14年は「ヌイグルマーZ」がクマ旋風を巻き起こす?
メニュー

2013年「テッド」に続き、14年は「ヌイグルマーZ」がクマ旋風を巻き起こす?

2013年12月31日 09:40

「テッド」に続いてクマブームを起こす?「テッド」

「テッド」に続いてクマブームを起こす?
(C)2013 ヌイグルマーZ/フィルム・パートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレント・歌手の中川翔子が映画初主演を飾る特撮アクションコメディ「ヌイグルマーZ」が間もなく公開を迎える。同作には、中川演じる主人公・夢子の相棒としてテディベアのキャラクター、ブースケが登場。13年に日本でも大ヒットを記録した「テッド」に続き、クマのぬいぐるみがスクリーンで旋風を巻き起こそうと息巻いている。

大槻ケンヂ率いるバンド「特撮」の楽曲「戦え!ヌイグルマー」の世界観を映画化し、冴えないロリータファッションの夢子が、ピンクのテディベア、ブースケと合体して「ヌイグルマー」に変身。ゾンビを使って世界征服を目論む悪党と激闘を繰り広げる。物語は、中川演じるドジなロリータ少女・夢子を中心に物語が展開するが、そんな夢子の相棒として登場し、昨年、映画界の話題をさらったテディベアのテッドを彷彿とさせるキャラクターがブースケだ。

ブースケは、故郷滅亡の危機を察して銀河系の果ての惑星ドムホから飛び立った綿状生命体が、かわいらしいクマのぬいぐるみに乗り移った存在。阿部サダヲが声を担当しており、常に気だるそうにしゃべるその姿は、見た目はかわいらしいのに、中身は中年オヤジのテッドと共通する。また、自分を大切にしてくれた少女・響子(市川真央)を守ることを誓い、ドジばかりの夢子には気合いのビンタを食らわし、「何もしてないのに笑わせんな!!」と厳しい言葉を投げかけ、響子が窮地に陥るとピストルを乱射したり、オナラ攻撃を繰り出すなど敵に対して容赦なし。ふわふわの外見とは裏腹に、テッド以上に苛烈な性格をしている。

しかし、失敗続きで落ち込む夢子に優しい言葉をかける一面もあり、相棒への愛情も抜かりない。テッドを超えるクマブームは起こせるのか、その活躍は1月25日から公開される映画で確認できる。

テッド[Blu-ray/ブルーレイ] テッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 命が宿ったテディベアのテッドと自立しきれていない中年男のコンビが巻き起こす騒動を、にぎやかなタッチで映し出していく。
奇跡のリンゴ DVD(2枚組)[DVD] 奇跡のリンゴ DVD(2枚組)[DVD] 最安価格: ¥3,959 壮絶な辛苦の果てに、無農薬栽培で甘くておいしい“奇跡のリンゴ”を生み出したリンゴ農家・木村秋則さん一家の感動の実話を映画化。出演:阿部サダヲ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi