大量虐殺を加害者視点でとらえた衝撃のドキュメンタリー、14年4月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月30日 > 大量虐殺を加害者視点でとらえた衝撃のドキュメンタリー、14年4月公開
メニュー

大量虐殺を加害者視点でとらえた衝撃のドキュメンタリー、14年4月公開

2013年12月30日 07:30

衝撃のドキュメンタリー「アクト・オブ・キリング」「アクト・オブ・キリング」

衝撃のドキュメンタリー「アクト・オブ・キリング」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米テキサス出身の映像作家ジョシュア・オッペンハイマーが手がけ、各映画祭を席巻している長編ドキュメンタリー「The Act Of Killing」が、「アクト・オブ・キリング」として2014年4月に劇場公開されることが決定した。インドネシアで行われた大量虐殺を加害者の視点でとらえ、人間の深層をあぶりだした衝撃作として話題を呼んでいる。

1960年代、秘密裏に100万人規模の大虐殺を行っていた実行者は、現在でも国民的英雄として暮らしている。人権団体の依頼を受けたオッペンハイマー監督は、当局から被害者への接触を禁止されたことをきっかけに、加害者に取材を敢行。映画製作に喜ぶ加害者は、オッペンハイマー監督の「カメラの前で自ら演じてみないか」という提案に応じ、意気揚々と過去の行為を再現していく。やがて、過去を演じることを通じて、加害者たちに変化が訪れる。

傑作ドキュメンタリーを生み出してきたオスカー監督のエロール・モリス(「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」)、ベルナー・ヘルツォーク(「キンスキー、我が最愛の敵」)が、製作途中の映像にほれ込み、製作総指揮を買って出た。残虐なシーンは一切に含まれていないにもかかわらず、ヘルツォーク監督は「私は少なくともこの10年間、これほどにパワフルで、超現実的で、恐ろしい映画を見たことがない。映画史上に類を見ない作品である」と称賛を送っている。

第37回トロント国際映画祭に正式出品され、第34回ボストン映画批評家協会賞、第13回ニューヨーク映画批評家オンライン賞などで最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。鬼才ペドロ・アルモドバル監督の「年間ベスト12作品」第1位に選出されたほか、「Sight&Sound」「The Guardian」「Village Voice」など各誌でも注目を集めている。10月には、山形国際ドキュメンタリー映画祭2013で日本初上陸を果たし、最優秀賞に輝いた。

アクト・オブ・キリング」は、14年4月から東京・渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白[DVD] フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白[DVD] 最安価格: ¥1,000 戦争と共に歩んできた彼が“アメリカの真実”に迫るドキュメンタリー作品。闇に葬られた衝撃の真相とは…。監督:エロール・モリス
キンスキー、我が最愛の敵[DVD] キンスキー、我が最愛の敵[DVD] 最安価格: ¥4,071 巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督が、怪優クラウス・キンスキーとの長年にわたる交流を語るドキュメンタリー映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi