16歳のピーター主演のカルト作「薔薇の葬列」など松本俊夫監督2作がBD化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月26日 > 16歳のピーター主演のカルト作「薔薇の葬列」など松本俊夫監督2作がBD化
メニュー

16歳のピーター主演のカルト作「薔薇の葬列」など松本俊夫監督2作がBD化

2013年12月26日 07:00

カルト作「薔薇の葬列」がブルーレイ化「薔薇の葬列」

カルト作「薔薇の葬列」がブルーレイ化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]実験映画作家・松本俊夫監督の劇映画第1作で、歌手で俳優のピーター(池畑慎之介☆)のデビュー作としても知られるカルト映画「薔薇の葬列」と、松本監督の劇映画第2作「修羅」がブルーレイ化&再DVD化され、2014年3月12日発売する。

薔薇の葬列」(69)は新宿など東京の繁華街を舞台に、当時16歳だったピーター演じる母を殺したゲイボーイのエディと、エディが働く「ジュネ」のオーナー(土屋嘉男)、そしてオーナーの愛人が繰り広げる愛憎劇を軸に、1960年代後半の学生運動やヒッピーなど当時の文化やファッションをリアルに切りとり、アバンギャルドな映像表現で伝説のカルト作として知られている。美術を朝倉摂が担当し、秋山庄太郎粟津潔篠田正浩藤田敏八蜷川幸雄淀川長治らも本人役として出演している。

修羅」(71)は、鶴屋南北の狂言「盟三五大切」と青年座の石沢秀二による同作台本を基に松本監督が脚色。モノクローム画面で中村嘉葎雄唐十郎らが血みどろの復讐劇を繰り広げる異色時代劇。2作ともに松本監督と鈴木達夫カメラマンの監修による最新版のHDデジタルマスターとなっている。「薔薇の葬列」「修羅」ブルーレイ(税込み5040円)&DVD(税込み3990円)は2014年3月12日発売。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi