ウーマンラッシュアワー村本「ゼロ・グラビティ」イベントで“ウソ泣き”を白状 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月26日 > ウーマンラッシュアワー村本「ゼロ・グラビティ」イベントで“ウソ泣き”を白状
メニュー

ウーマンラッシュアワー村本「ゼロ・グラビティ」イベントで“ウソ泣き”を白状

2013年12月26日 16:30

(左より)“ゴミ芸人”村本と、宇宙服を着て登場の中川「ゼロ・グラビティ」

(左より)“ゴミ芸人”村本と、宇宙服を着て登場の中川
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「THE MANZAI 2013」でチャンピオンに輝いた漫才コンビ“ウーマンラッシュアワー”の村本大輔中川パラダイスが12月26日、都内の劇場で行われた「ゼロ・グラビティ」ヒット記念のトークイベントに出席した。

同作は、デブリ(宇宙ゴミ)の直撃を受けて宇宙船から切り離された女性宇宙飛行士が、孤独に耐えながらも地球に帰還すべく奔走する姿を描いており、その宇宙ゴミにちなみ、自他ともに認める悪評高い“ゴミ芸人”村本を擁するウーマンラッシュアワーがゲストとして招待された。

トーク開始早々、村本は自分がいかにクズであるかを力説。「僕、すぐにファンの子に手を出すんですよ。自分のファンだけでなく、他の芸人のファンにも手を出す」と悪びれることなく明かす。そして「THE MANZAI」で優勝したことを機に「ちょっとグレードアップして、先輩のファンにも手を出せるかも」とクズぶりを堂々とアピール。そして「クズの破壊力はすごい! この映画から勇気をもらった」と語り、優勝も「『ゼロ・グラビティ』のおかげです!」とあからさまな宣伝口調で力説し、笑いを誘った。さらに周囲でも本作を「絶賛する声が多い」と明かし、「知り合いの子、というか、手を出したファンの子なんですが、大感動してました。男臭いけど女の子が好きな映画!」と特に女性ファンが見るべきと訴えた。

「THE MANZAI」での優勝直後、村本が泣いている姿が映し出され、その様子に「ウソ泣きなのでは?」という声が上がっていたが、疑惑に対し村本は「ウソ泣きです。前日から計画してました。なかなか泣けずに犬が死んだときのことを思い出してたけど、犬は死んでいなかった」とあっさり白状した。

これまで10組以上のコンビを解散してきた経験を持ち、「その悔しさをバネにしてきた」という村本。優勝トロフィーの写真を過去の相方たちに送りつけたそうだが、「みんなから『お前は才能があると思ってた。おれたちの思いも背負って頑張って』と返事が来て、優勝した夜に自己嫌悪で泣いた」とも明かし、さらに「なかなか涙を流さない私が『ゼロ・グラビティ』で号泣しました」と、またもや宣伝チックなアピールを繰り広げた。

相方の中川は宇宙服を着て登壇したものの、司会も村本もそれにはまったくツッコまず、発言の機会すらほとんど与えられないままトークは終了。最後に、来年のピン芸コンテスト「R-1ぐらんぷり」に出場予定であることを告知し、単独ネタを披露したがまったくウケず、村本から「笑い“ゼロ・グラビティ”。無重力でお前だけ浮いとるぞ!」とツッコまれていた。

ゼロ・グラビティ」は、全国にて公開中。

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション[DVD] トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,027 4度の英国推理作家協会賞に輝くイギリス・ミステリー界の女王、P.D.ジェイムズの原作をアルフォンソ・キュアロン監督が完全映画化!
ウーマンラッシュアワード2010[DVD] ウーマンラッシュアワード2010[DVD] 最安価格: ¥2,458 baseよしもと所属のウーマンラッシュアワー単独DVD。ベスト漫才10本のほかコントやロケ企画を収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi