松たか子20年ぶり歌舞伎座に登壇 山田洋次監督と花道を練り歩き : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月26日 > 松たか子20年ぶり歌舞伎座に登壇 山田洋次監督と花道を練り歩き
メニュー

松たか子20年ぶり歌舞伎座に登壇 山田洋次監督と花道を練り歩き

2013年12月26日 14:50

松たか子、山田洋次監督らがずらり勢ぞろい!「小さいおうち」

松たか子、山田洋次監督らがずらり勢ぞろい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が松たか子主演で初めて手がけたラブロマンス作「小さいおうち」のプレミア試写会が12月26日、東京・銀座の歌舞伎座で行われた。歌舞伎座で映画が上映されるのは、2006年8月に市川海老蔵の初主演作「出口のない海」以来約7年ぶり、新開場後の歌舞伎座では初めてのこととなる。松にとっては、初舞台となった「人情噺文七元結」(1993)以来、実に20年ぶりの登壇となった。

松と山田監督をはじめ、出演の黒木華吉岡秀隆橋爪功吉行和子室井滋中嶋朋子夏川結衣小林稔侍倍賞千恵子ら総勢14人は、歌舞伎座前に結集。沿道にも多くのファンが詰めかけ、和服姿の女優陣の姿にため息を漏らした。

松と倍賞、山田監督は笑顔で花道を練り歩き、客席に手を振った。山田監督は、「誠に晴れがましい場で面食らっております。新開場した歌舞伎座で初めての映画上映に僕の作品を選んでいただき、とても光栄に思っております」。松は、花道からの登壇を嫌がる山田監督を説得したという。劇中で夫婦を演じた片岡孝太郎が京都・南座での公演のため欠席したが、「孝太郎さんだけいられないなんて残念。あとで『大丈夫だったよ』となぐさめてあげます」と語った。

ベテラン陣も、歌舞伎座という舞台に緊張の面持ち。橋爪が「東京に出てきたばかりのころ、立見席でよく歌舞伎を見ていた。小林(稔侍)君と舞台を踏みしめております」と話せば、吉行も「一生踏めないであろう歌舞伎座の舞台に感動しています」と感無量の面持ち。そんななか、倍賞は「SKD(松竹歌劇団)時代と、(山田組初参加となった)『下町の太陽』がヒットしたときに、歌いながら登壇したことがある」と述懐していた。

同作は、中島京子氏が第143回直木賞を受賞した同名小説が原作。東京の赤い三角屋根の“小さいおうち”を舞台に、玩具会社勤務の旦那様と妻の時子、5歳の恭一ぼっちゃん、仕えて暮らす布宮タキのささやかな日常とともに、旦那様の会社で働く青年・板倉正治と時子の淡い恋愛事件に秘められた真実が、60年の歳月を経て紐解かれていく姿を描く。「小さいおうち」は、1月25日から全国で公開。

『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 最安価格: ¥95,002 葛飾柴又生まれのテキ屋“フーテンの寅”の活躍を描いた、渥美清主演で贈る傑作人情映画シリーズ「男はつらいよ」全作をひとつにしたDVD-BOX。監督:山田洋次
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~[DVD] ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~[DVD] 最安価格: ¥5,076 モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞。ある夫婦を通して男女の様々な愛の形を描く、太宰治の同名原作を映画化。出演:松たか子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi