ポン・ジュノ監督自身が語る「スノーピアサー」メイキング映像が公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月25日 > ポン・ジュノ監督自身が語る「スノーピアサー」メイキング映像が公開!
メニュー

ポン・ジュノ監督自身が語る「スノーピアサー」メイキング映像が公開!

2013年12月25日 11:00

クリス・エバンス扮するカーティスは、 支配者が暮らす先頭車両へ突き進む「スノーピアサー」

クリス・エバンス扮するカーティスは、
支配者が暮らす先頭車両へ突き進む
(C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新たな氷河期に突入した近未来の地球を背景に、生き残った人類の革命闘争を描くSFサスペンス「スノーピアサー」について、ポン・ジュノ監督自身が語るメイキング映像が公開された。

同作は、地球温暖化を防ぐために散布された化学薬品が原因で、凍てついてしまった世界を走り続ける列車“スノーピアサー”が物語の舞台。「アクション!」の声が響くと、メイキング映像では、最後尾車両から革命を起こし、先頭車両へと突き進もうとする主人公カーティス(クリス・エバンス)と、彼の右腕として革命に情熱を燃やすエドガー(ジェイミー・ベル)らが、武装勢力と乱闘を開始するシーンが映し出される。

「“ノアの箱舟”のように生存者たちは“スノーピアサー”に乗っている。列車の中では階級が分かれているんです」と世界観を説明するジュノ監督の言葉とともに、列車の狭い空間の中で繰り広げられる激しいアクションと、その撮影風景が矢継ぎ早に現れ、エバンスをはじめ、ティルダ・スウィントンソン・ガンホジョン・ハートらの顔を捉えていく。

「走る列車の中で前に進んでいく話なので、見終わって自分自身を振り返るような人間的な側面がある」と語るジュノ監督。列車内がすなわち人間世界を凝縮したものになっている「スノーピアサー」の世界観が、十分に伝わる内容となっている。

フランスのグラフィックノベル「Le Transperceneige」を原作に、アクション、ドラマ、サスペンス、哲学的な要素までを盛り込んだ韓国・アメリカ・フランス合作。ジュノ監督は共同脚本も手掛け、「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」のヒットでも見せつけたストーリーテリングの才能を発揮している。2014年2月7日から全国公開。

グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST)[DVD] グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST)[DVD] 最安価格: ¥204 世界中を震撼させた恐怖と興奮と迫力のモンスターパニック・ムービー!監督:ポン・ジュノ
スマイルBEST 母なる証明[DVD] スマイルBEST 母なる証明[DVD] 最安価格: ¥1,229 誰にでも存在する“母親”を通して、独特のユーモアを交えながら傑出した映像美と強烈な心眼で人間の真実に迫った、韓国の鬼才ポン・ジュノが放つ傑作サスペンス!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi