上戸彩、正月は「家族とまったり過ごす」高良も「友だちと初詣」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月23日 > 上戸彩、正月は「家族とまったり過ごす」高良も「友だちと初詣」
メニュー

上戸彩、正月は「家族とまったり過ごす」高良も「友だちと初詣」

2013年12月23日 17:55

舞台挨拶に立った上戸彩と高良健吾「武士の献立」

舞台挨拶に立った上戸彩と高良健吾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「武士の献立」で夫婦役を演じる上戸彩高良健吾が12月23日、都内の劇場で大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。まもなく迎える新年に向け、高良から上戸に色とりどりの花が敷き詰められた重箱が贈られ、上戸は「おせちの黒豆」、高良は「お雑煮」と好きな正月料理を挙げて大盛り上がり。年末年始は、「家族とまったり過ごす」(上戸)、「友だちと初詣に行く」(高良)と羽を伸ばす予定を明かした。

御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の生活を描いた「武士の家計簿」(2010)に続くシリーズ第2弾。江戸時代を舞台に、加賀藩に仕えた「包丁侍」の料理人夫婦・春と安信の物語を描く。「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三監督がメガホンをとった。

約8年ぶりに映画主演を務めた上戸は、「時代劇というと3歩後ろに下がっている女性のイメージがあったけれど、春ちゃんは言いたいことをズバッと言う。出るところは出るけれど下がるところは下がる、とてもバランスのいい素敵な女性。私も相手が年上であろうが男性であろうが、自分の意見をきちんと伝えるようにしている」と自身に重ね合わせていた。

高良は、剣の腕は立つのに包丁さばきはさっぱりという安信役を演じ、「子どもっぽいな、不器用だなと思った。ただ、あきらめることが悪いことだとは思わない。ふだんでも感じることだけど、自分の思い通りにいかないネガティブなことでも、きちんと向き合うと良かったなと思うことがある。だから安信が感じるもどかしさにも意味があると思う」とまじまじと語った。

撮影にあたり、2人は料理の練習にも熱心に取り組んだ。上戸は、「魚をさばくシーンは緊張。魚によって身の厚さも骨の硬さも違う。大切な命なので、1匹1匹大切に練習した。3~4匹しか練習できなかったので、本番はカットを割って、うまくいったところを使ってもらった(笑)」と裏話を明かした。

半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX[DVD] 半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,300 社会現象を巻き起こし瞬間最高視聴率46.7%をたたき出した、バンカー・半沢直樹の銀行内外に現れる“敵”との戦いを描く痛快ドラマ!出演:上戸彩
武士の家計簿[DVD] 武士の家計簿[DVD] 最安価格: ¥1,523 磯田道史原作「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi