圧巻の自然美と心温まる笑顔でつづる木村大作監督「春を背負って」特報公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月21日 > 圧巻の自然美と心温まる笑顔でつづる木村大作監督「春を背負って」特報公開
メニュー

圧巻の自然美と心温まる笑顔でつづる木村大作監督「春を背負って」特報公開

2013年12月21日 12:00

標高3000m立山連峰が舞台「春を背負って」

標高3000m立山連峰が舞台
(C)2014「春を背負って」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する名キャメラマン・木村大作の監督2作目「春を背負って」の特報が、このほど公開された。

笹本稜平氏の同名小説をもとに、山小屋を営む家族とそこに集う人々の力強い生き方と温かな交流を描き出す人間ドラマ。初監督作「劔岳 点の記」(2009)が興行収入25億8000万円の大ヒットを記録した木村監督が、「最初で最後の監督業」という引退宣言を撤回して臨んだ。主演の松山ケンイチを筆頭に、蒼井優檀ふみ小林薫豊川悦司らが結集。約7カ月間にわたる撮影では、立山連峰などで大規模なロケが敢行された。

撮影現場に響き渡る木村監督の「用意、スタート」という合図で幕を開ける特報では、切り立った山肌や雄大な自然に目を見張るばかり。険しい山々がみせる息をのむような美しさを背景に、山で暮らす人々の温かい笑顔が映し出され、「自分の居場所を求めて――」というメッセージが胸に迫る仕上がりになっている。

特報映像とともにお披露目されたポスターでは、布団が並べられた山小屋の屋根と、奥に広がる雲をまとった尾根の対比が印象的。青く澄んだ空とごつごつとした岩に囲まれるなか、赤銅色の屋根は人々の心のよりどころであることを象徴するかのごとく、存在感を放っている。

立山連峰で山小屋「菫(すみれ)小屋」で育った長嶺亨(松山)は、厳格な父・勇夫(小林)に反発し一度は上京したが、父が他界したために帰郷する。そこで、気丈に振舞う母・菫(檀)や、山小屋で働く高澤愛(蒼井)、沈痛な面持ちで見守る山の仲間たちと触れ合ううちに、父が抱いていた思いに気づき、都会での生活を捨て山小屋を継ぐことを決意する。

春を背負って」は、14年6月14日公開。

劔岳 点の記 メモリアル・エディション[DVD] 劔岳 点の記 メモリアル・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,474 実話を基にした新田次郎の同名小説の映画化。標高2999メートル、氷点下40度の大自然に挑んだ儚き人間の姿を描いた感動作!監督:木村大作
僕達急行 A列車で行こう【豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] 僕達急行 A列車で行こう【豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,560 大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子が、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋や仕事に悪戦苦闘する姿を描いた、森田芳光監督が贈るハートフル・コメディ!出演:松山ケンイチ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi