【全米映画ランキング】「ホビット 竜に奪われた王国」が首位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月17日 > 【全米映画ランキング】「ホビット 竜に奪われた王国」が首位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「ホビット 竜に奪われた王国」が首位デビュー

2013年12月17日 22:15

首位デビューを飾った「ホビット 竜に奪われた王国」「アメリカン・ハッスル」

首位デビューを飾った「ホビット 竜に奪われた王国」
(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、このホリデーシーズンの話題作のひとつ「ホビット 竜に奪われた王国」がリリースされ、約7300万ドルのオープニング興収で、見事首位デビューを飾った。

昨年末に興収3億ドルを超える大ヒットを記録したファンタジー大作「ホビット 思いがけない冒険」の続編となる同作は、かつてのドワーフの王国エレボールを取り戻すために旅立ったホビット族の青年ビルボ・バギンズ、魔法使いガンダルフらの旅路を描く第2章。今回はマーティン・フリーマン(バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、リチャード・アーミテージ(オーケンシールド)ら前作からのキャストに加え、「ロード・オブ・ザ・リング」の人気キャラクター、妖精レゴラス役としてオーランド・ブルームが再登場。またベネディクト・カンバーバッチが、邪悪な竜スマウグの声とモーションキャプチャーを担当した。メガホンをとったのは前作同様ピーター・ジャクソン。ジャクソンはすでに完結編となる第3章「ホビット ゆきて帰りし物語」の撮影も終えており、こちらの全米公開は2014年12月17日に予定されている。

約2200万ドルの興収で2位になったのはディズニーの3Dアニメ「アナと雪の女王」。累計興収は約1億6400万ドルとなり、グロス(最終興収)は2億5000万ドル近辺になりそうだ。

約1600万ドルのオープニング興収で3位デビューとなったのは、タイラー・ペリーによるマディア婆さんシリーズの新作「Tyler Perry's A Madea Christmas」。オープニング興収は平均して2000万ドル以上を稼ぐペリーの人気コメディシリーズだったが、今回は振るわなかった。

その他圏外には、今年のニューヨーク批評家協会賞の作品賞に選ばれるなど、本年度オスカー最有力といわれているデビッド・O・ラッセル監督の実録犯罪コメディ「アメリカン・ハッスル」(出演:クリスチャン・ベールブラッドリー・クーパーエイミー・アダムスジェレミー・レナージェニファー・ローレンスロバート・デ・ニーロ)が登場。北米6サイトの限定公開ながら、約74万ドルの興収を上げ、1館のアベレージ興収は歴代14位、今年の実写映画では最高となる約12.3万ドルを記録。20日より拡大公開が予定されている。

今週は「アメリカン・ハッスル」、コーエン兄弟の「Inside Llewyn Davis」、トム・ハンクスエマ・トンプソン共演の伝記ドラマ「ウォルト・ディズニーの約束」のほか、ウィル・フェレル主演の大ヒットコメディ第2弾「Anchorman 2: The Legend Continues」が拡大公開となる。

【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 3D&2D ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 3D&2D ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,791 伝説的シリーズ“ロード・オブ・ザ・リング”の感動再び!圧倒的な映像美で魅せるスリリングなアクションと壮大なファンタジー映画の傑作!
ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・プライス版【Blu-ray...[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・プライス版【Blu-ray...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - J.R.Rトールキン原作によるファンタジー小説の金字塔「指輪物語」をピーター・ジャクソン監督が壮大なスケールで映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi