モデルAMO&写真家HIROMIX、ソフィア・コッポラ監督の魅力を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月13日 > モデルAMO&写真家HIROMIX、ソフィア・コッポラ監督の魅力を語る
メニュー

モデルAMO&写真家HIROMIX、ソフィア・コッポラ監督の魅力を語る

2013年12月13日 12:25

(左より)ガーリー・カルチャーのアイコンとして注目を集める AMOとHIROMIX「ブリングリング」

(左より)ガーリー・カルチャーのアイコンとして注目を集める
AMOとHIROMIX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ソフィア・コッポラ監督最新作「ブリングリング」の公開記念上映イベント「ソフィア・コッポラの世界」が12月12日、都内の劇場で行われ、モデルのAMOと写真家のHIROMIXが、女性から見た視線でコッポラ作品の魅力を語り尽くした。

コッポラ監督の過去作を連続特集するイベントで、この日はデビュー作「ヴァージン・スーサイズ」を上映した。HIROMIXは、コッポラ監督が日本を舞台に撮影した「ロスト・イン・トランスレーション」にカメオ出演。「有名な映画監督の娘さんだと知る前に、私がデビューした1995年前後に知人に紹介されて初めて知り合った。ソフィアは度々お仕事で日本に来ることがあって東京には色々な思い出があるらしく、実体験をもとに映画を作りたいと。その時一緒に遊びに行っていた人をそのまま出したいということだったので、何となくの流れで(笑)。お芝居が得意なわけじゃないので、半分ドキュメンタリー的な感じだった」と裏話を披露した。

また、「少女っぽい時代からお母さんになったソフィア。親になって初めて気づくこともあったらしい。ソフィアの映画は淡々としているけれど、私たちと同じように毎日悩んだり考えたり楽しい時もあったり、ゆるい気分で見られる」と魅力を語った。

若者の間でカリスマ的人気を誇るAMOは、「初めてソフィアの映画を見たのは中学2、3年生の時の『ロスト・イン・トランスレーション』。その時は表面的な感想しかなかったけれど、『マリー・アントワネット』で本当のソフィアを知った」と告白。そして、「パステルカラーのドレスにまんまと私も引っかかって見たけれど、カワイイという単純な感想ではなく、胸に迫るエモーショナルなメッセージ性を感じた」とすっかり心を奪われていた。

新作「ブリングリング」は、米ロサンゼルス・ハリウッドセレブの邸宅を標的にした、ティーンエイジャーらによる実在の窃盗事件を題材に、欲望のおもむくままに犯罪に手を染めていく少年少女たちの心情をセンセーショナルに描いた。

ひと足先に映画を鑑賞したHIROMIXは、「考えれば考えるほど謎な事件。今のアメリカの若い子たちは、サブカルチャーがあまりなくてポップカルチャーだけ見て育っている感じ。それが原因で偏っているのかもしれないし、無言の圧力があるのかも」と考察。AMOは、「今の世代の女の子目線で、彼女たちの細かな感情を映像に落とし込んでいる。ソフィアはいつまでも少女なんだなって感じがした」と共感しきりだった。

ブリングリング」は、12月14日から全国順次公開。

SOMEWHERE[Blu-ray/ブルーレイ] SOMEWHERE[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,521 すさんだセレブ生活を送るハリウッドスターの父と、前妻と同居する娘が過ごすかけがえのない日々を描いた、ソフィア・コッポラ監督が贈るヒューマン・ドラマ。
ロスト・イン・トランスレーション[DVD] ロスト・イン・トランスレーション[DVD] 最安価格: ¥3,201 2003年度アカデミー賞脚本賞受賞作品。異国の地、東京で出会ったハリウッド男優とアメリカ人の人妻の出会いを描く。監督:ソフィア・コッポラ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi