ケンコバ、菊地凛子を尋ねNYへ行くも「すみません、いま日本」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月11日 > ケンコバ、菊地凛子を尋ねNYへ行くも「すみません、いま日本」
メニュー

ケンコバ、菊地凛子を尋ねNYへ行くも「すみません、いま日本」

2013年12月11日 14:10

日本語吹き替え版の声優を担当した ケンドーコバヤシ「パシフィック・リム」

日本語吹き替え版の声優を担当した
ケンドーコバヤシ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「パシフィック・リム」のブルーレイ&DVD発売を記念し12月11日、日本語吹き替え版で声優を務めたケンドーコバヤシが都内でトークイベントを行った。

ケンコバは、闇市場の顔役ハンニバル・チャウの声を担当。当初5000本の出荷を予定していたが、予約数の多さから急きょ1万本に“倍増”された。ケンコバは「ちょっと見通しが甘いね」と渋い顔で“苦言”を呈し、「男心をくすぐる何かがあるので、日本の男性の人口分くらい出してもいいくらい」と語った。

2人のパイロットが脳をリンクさせることで人型ロボットを動かすが、ケンコバは誰かとリンクした経験を問われ、「(映画公開時に)菊地凜子さんと一緒に挨拶で映画館を回ったんですが、彼女はニューヨークに住んでいるので『遊びに来てくださいよ』と言われたんです。本当に2週間後くらいにバナナマンの日村さんと行ったんですが、『すいません、いま私、日本です』と言われまして。リンクできませんでした。2泊4日でヤンキースの試合を見て、ステーキ食って帰りました」と告白。もしも人型兵器に乗るなら、パートナーは「一番リンクできそうなのは日村さん(笑)」と語り、笑いを誘った。

豪華声優陣も日本語吹き替え版の魅力。ケンコバは、古谷徹とのやり取りがあるが「アムロや星飛雄馬もそうですが、僕は古谷さんがナレーターをやっている『カーグラフィックTV』の熱狂的ファンなので、車に乗るとき手が震えた」と感激を口にしていた。

ギレルモ・デルトロ監督が長年の構想を実現させたSF超大作で、日本から菊地凜子、芦田愛菜ちゃんらが参加していることでも話題を呼んだ。海底から地上に現れたKAIJU(怪獣)と人類が開発した人型巨大兵器の壮絶な戦いを描く。

【10,000BOX限定生産】パシフィック・リム イェーガー プ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【10,000BOX限定生産】パシフィック・リム イェーガー プ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,159 監督ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション超大作!
パンズ・ラビリンス 通常版[DVD] パンズ・ラビリンス 通常版[DVD] 最安価格: ¥2,462 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。監督:ギレルモ・デル・トロ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi