鈴木福くん、木梨憲武の想定外な質問にも動じず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月11日 > 鈴木福くん、木梨憲武の想定外な質問にも動じず
メニュー

鈴木福くん、木梨憲武の想定外な質問にも動じず

2013年12月11日 20:20

(左から)鈴木福くん、木梨憲武、平原綾香「ウォーキング with ダイナソー」

(左から)鈴木福くん、木梨憲武、平原綾香
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恐竜の生態を大迫力で再現した映画「ウォーキング with ダイナソー」のジャパンプレミアが12月11日、都内で行われ、日本語吹き替え版で主人公の声を務めた「とんねるず」の木梨憲武、“ダイナソーこども大使”で声優としても参加する鈴木福くん、主題歌を担当する平原綾香が出席した。

「ディープブルー」「アース」など、名作自然ドキュメンタリーを世に送り出してきた「BBC EARTHフィルムズ」が製作。科学的検証のもと、恐竜の子育てや大移動など、知られざる生態を最新技術で再現した。

福くんは、一番のお気に入りという翼竜に乗り、観客の頭上からの会場入り。登壇すると、「翼竜に乗るのが夢だったので、夢がかないました!」とニッコリ。一方の木梨は、声を務めたパキリノサウルスに乗って登場したが、これは実家「木梨サイクル」から取り寄せた自転車をカスタマイズしたものだという。

映画について聞かれた福くんは「見た後、元気になれます!」とアピール。木梨が「おじさんの声は大丈夫だった?」と聞くと、「合っていました!」と太鼓判を押した。木梨は、「ファインディング・ニモ」以来10年ぶりの声優参加となったが「10年前は魚で、今回は恐竜。人間はこない」と苦笑いしながらも、「6~7時間スタジオに入りっぱなしでやりました」と苦労を振り返った。

平原は、テーマソング「Piece of Love」を初披露し、「『生きていく勇気に応えて』という歌詞の部分は、この映画のために書いてもらった」と明かした。これを聞いた木梨が、福くんに「『生きていく勇気』って何だろう?」と想定外の質問をふると、動じることなく「強い心かな?」と返していた。

ウォーキング with ダイナソー」は12月20日から公開。

ディープ・ブルー スペシャル・エディション[DVD] ディープ・ブルー スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,046 200ヶ所というロケ地で7年かけて撮影され、「生きる」ことの意味を強く心に焼き付ける海洋ドキュメンタリー。
アース[Blu-ray/ブルーレイ] アース[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,264 大ヒット作「ディープ・ブルー」「プラネット・アース」のスタッフが贈る、地球の大自然に迫るドキュメンタリー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi